shin-1さんの日記

○孫たちの1/3論

 私たち夫婦は結婚して40年になりました

 その間4人の子どもが生まれました

 最初は1+1=2でしたがいつの間にか

 1+1=2ではなく1+1=6となったのです

 その子どもが2人結婚しました

 それから何年かして孫が4人生まれました

 最初は1+1×2=4でしたがいつの間にか

 1+1×2=4ではなく1+1×2×2=8となったのです


 ある年悲しい出来事がありました

 祖母と母親が亡くなりました

 最初は5-2=3でしたがいつの間にも

 5-2=3は5-2=3のままなのです


 4人の孫はそれぞれ成長しています

 わが家へやって来る孫たちの3人までが自己主張するようになりました

 最初はイチゴを3個ずつ分け与えても文句を言いませんでしたがいつの間にか

 9÷3=3ではなく 4+2.5+2.5=9となったのです

 4人の孫の中で1人の孫は今年の春小学校へ入学しました

 殆ど毎日算数を勉強しています

 最初は足し算や引き算だけでしたが掛け算を覚えました

 いつの間にか1+1=2と1×1=1が不思議で仕方がないようです


 家の玄関先でメダカを飼っています

 そのメダカが卵を産んで赤ちゃんがかえりました

 最初は10匹だけでしたが坪の中が無数になりました

 いつの間にか9×?=9ではなく9×?<?となったのです


 わが町の人口は昭和30年には1万人を超えていました

 町から人が出て行って人口が7千人1千人と減り続け

 最初は多かった人口も

 いつの間にか1万人→5千人弱となったのです


 私たち夫婦は若いころから一生懸命働きました

 親父の建てた家を弟に譲り借金して家を建てました

 最初は返済していた借金もやがて返済が終わりました

 いつの間にか人間牧場に別の家が建ち1+1=2となったのです

 私たち夫婦は毎年確実に一つ歳を加えています

 私は64歳で妻は63歳です

 最初は余り感じなかった夫婦の年齢差は

 いつの間も今もこれからも一つ違いのままなのです

 数字とは不思議なものです

 数字とは面白いものです

 数字とは怖いものです

 いつの間にか数字は増えたり減ったり変化しているのです 

  「毎日の 暮らし数字で 成り立って +-×÷ 色々使う」

  「イチゴ分け 不満の孫が 主張する 俺は兄貴だ もっと食べれる」

  「人生は 増えることだけ 思うもの 増えた数だけ 何処かが減って」

  「あと残り 幾つあるかと 指折れば 少しため息 出そうになって」

  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。