shin-1さんの日記

○八ヶ寺詣り

 「おい、急な思いつきだが、これからお寺さんのお詣りに行かないか」と9時頃に妻を誘いました。6月21日は夏至の日、加えてわが家入口上安置されているお地蔵さまの月に一度の縁日、さらには父の日と沢山のことが重なった上、その日に予定していた地元で行われる健康診断に行く予定だったのに、食事を食べずに行くと前夜から決めていたにもかかわらず気の緩みでブルーベリー園に水をやる作業中に卑しい心が頭を持ち上げてついつい2~3粒食べてしまい、おじゃんになってしまったのです。

 妻と二人で行く予定の健康診断をキャンセルしたため時間が取れたのです。でも女性、特に主婦が家を出るとなると、お接待のために炊いた赤飯を近所や親類に配らなければならず、親父の夕食を作っておかなければならず、何かと時間がかかるのです。それでも妻は久しぶりの休日を外で過ごす気分転換への期待もあって、私の提案に乗ってくれ、私がお接待の赤飯を配る間に身支度をするという約束で準備に取り掛かりました。

若松進一ブログ

 妻の準備ができたのは10時前でした。親父には夕方帰宅が少し遅くなるかも知れないと告げて家を出ました。妻の友人からいただいたビワを車に積んで道沿いを少し外れてはいますが遠回りをして2軒に立ち寄ってご機嫌をうかがい、いよいよお四国参りです。なんで急にお寺参りをとお思いでしょうが、メル友の谷岡さんが自身のブログにお四国詣りのことを書いていて、私たちもお四国詣りを10年間もやっているのに完結しないことへの妻のいらだちを感じていたからでした。調べてみると納経帳は全て終わっているのにあとから始めた掛け軸はまだ松山市内の8ヶ寺と川之江のお寺、それに高野山が残っているのです。谷岡さんに刺激されたことをよいことにこの日は松山市内の8ヶ寺全てを回る予定を立てました。元より松山市内のお寺はカーナビの力を借りなくてもお寺の所在は全て知っているのです。こんな場合は一番端のお寺から始めるのが上策とばかりに九谷の浄瑠璃寺から始めることにしました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

 お寺が近くなりにつれて、同じような目的を持った車が同じ方向を目指して走っているのに気が付き始めました。車の多数には紅葉マークがついていて、しかも県外ナンバーが多いのに驚きました。多分高速道路の割引が魅力で始めている人も多いのかもと話しながら、見ず知らずの白装束の人たちに「こんにちは」とあいさつを交わして行き交いました。

 浄瑠璃寺で思わぬ人に会いました。県庁のOBの方でしたが、聞けば退職して俳句に凝っていて今日はこのお寺のハスの花を見に来たと言いました。この人に合わなければうっかり見過ごす所だったようです。お寺の境内の裏にある池には今が盛りと咲くハスの花がまるで天国を絵にしたような姿で咲いていました。不浄の池に何故こんなに美し花が咲くのか、ハスの花を見るたびにまちづくりに通じる話としてハスの花のことを思うのです。

 いやあ見事でした。お陰さまで今回の8ヶ寺詣りは幸先のいいお詣りとなりました。


  「泥池に 何故にこんなに 美しき 蓮の華咲く 不思議なことよ」

  「蓮の花 愛でつつ俳句 作る人 にわか雨降り そそくさ帰る」

  「予期もせず 蓮の花咲く 姿見ゆ これも仏の 導きなのか」

  「あの花は もう散り消えて 次の花 人世も同じ 運命辿る」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. Posted 2009年6月23日 at 9:54 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 蓮の花・・・境内の裏ならなおさらですね きれいですね~ 徳島 3番札所では 黄色の蓮の花が 一面に咲いていました。写真は遠くなので 綺麗に写っていませんでした・・・ザンネン