shin-1さんの日記

○若者は何を目指すのか

 昨日えひめ地域づくり研究会議の事務局長を務める宇和島市津島町の森田さんから電話が入り、「会わせたい若い人が来ているので明日時間を取ってほしい」とのことでした。私は今日の予定を頭に浮かべながら、「朝早くて、短い時間だったら可能」と返答し、彼もそのことを了承して「朝7時、時間は1時間」で約束しました。聞けば車で一夜を過ごすらしく、安上がりの旅とはいいながら泊めてやりたいという自責の念にかられましたが、朝7時に身支度を整え待っていました。約束の時間になったころ教えていた私の携帯電話が鳴り、少し遅れるとのこと、「時間を守れないような人間はつまらん」と常々言っているものの、不案内な場所なのでやむを得ないかと思いながら待っていると、再び携帯電話が鳴り、役場前、宮田歯科医院前、レディー美容室前と目の前の目印を足掛かりに彼はやってきました。

 友廣さんという一見華奢な若者を私設公民館煙会所に案内し、囲炉裏を囲んで面対し色々な話をさせてもらいました。時間が遅れたため話は一時間弱となりましたが、¥東京からヒッチハイクなどで全国の限界集落を訪ねる日本一周の旅をしている友廣さん」と毎日新聞県民福井の朝刊で紹介されている新聞の切り抜きコピーを名刺代わりに渡されました。

若松進一ブログ

 妻の入れてくれた温かいお茶を飲みながら聞かれるままに約一時間、地域づくりについてお話をしました。そういえば最近、私の元へ毎日のように若者たちが訪ねて来るのです。歳の差有に40歳というのにです。ある若者はわが家を訪ね、ある若者は人間牧場を訪ねるのです。2~3日前に大阪からやってきた和食調理師上田さんや食育ステーションまきのの卯生さんも若者でした。彼や彼女らと話をすると希望に燃えていたかつての私のように、夢や理想をどんどん喋ります。夢や希望がしぼみつつある私などは、その言葉が羨ましい気もしますが、確かに若者を取り巻く現代社会は地滑り現象を起こしているように思いました。学歴がものをいう時代が終わっていること、夢や希望を持って仕事がしたいこと、地域や人様のお役に立ちたいこと等など、現実離れしていて実現は不可能に近いものの、社会のひずみに果敢に挑戦し何かをやりたいというエネルギーは強く感じるのです。

 「若いなあ、若さっていいなあ」と思いつつ、意見を求められるままに話をしてやりました。名刺も持たない彼や彼女の飾らない態度に随分癒されながら、逆に若いエネルギーを今朝も存分に味わうことができました。

 

 今朝はあいにく雨でした。あいにくというより恵みの雨です。九州・四国が昨日、例年より遅れて梅雨入りしました。水を差すどころか水を得た魚のように今朝は友廣さんにパワーをいただき、再会と人間牧場への再来を約束して見送りましたが、彼が帰って外出の準備をしながらメールを見ると、今朝のメールで大学生と高校生からそれぞれメールが入っていました。「今週の予定で会える日があったら時間を合わせるので会って欲しい」というお願いメールでした。縁もゆかりもない若者が私の門を何故叩くのか、「叩けよ、さらば開かれん」とはけだし名言ですが、私の門は果たして何を意味する門なのでしょう。そこが問題なのです。

 35年間勤めた役場をリタイアしてから既に4年余りが過ぎました。大学の講義もそうですが、本来なら遠ざかるはずの若者との距離が凄く縮まって、私の周りで若者がうろちょろしています。それは迷える子羊かも知れないと思うと無性に愛おしく、それできて今の社会が迷える子羊に何の手だてもしない姿に多少の憤りを感じつつ、私は若者たちのメールに返信を打ち出かけました。


  「この歳に なっても会おうと 人が来る 幸せなのか 訳も分からず」

  「今の世は 若者たちが 叫べども われ関せずと 無視して終わり」

  「何故なのか 妻が不思議に 思うほど 若者多く 俺の周りに」

  「若者と 囲炉裏囲んで 座布団に 座りとにかく 意見聞きつつ」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。