shin-1さんの日記

○孫奏心君の初めてのお国入り

 昨日は伊予市商店街今年最初の土曜夜市や、双海町恒例のほたる祭りがあって、それぞれの会場に沢山の人が訪れたようです。例年だ双海町のほたる祭りは翠小学校をメイン会場に行われるのですが、今年はエコ改修で翠小学校の運動場が使えないため、グリーンツーリズムの中心となっているピザ釜広場が会場となりました。会場が狭かったり駐車場が確保しにくい事情を察知して、私は車で行くのを断念しました。

若松進一ブログ

(娘の家族と友人の家族)

 それでも娘の子どもの孫たちは昼過ぎから々マンションに住む家族と一緒にシーサイド公園へやって来て、ほたる祭りが開かれる夕方まで、雨の上がった砂浜で思う存分遊んだようです。 昨日のシーサイド公園は初夏を思わせるような陽気で、少し強目の西風が吹いていたため心地よく、孫朋樹は水しぶきとまでは行かなくても、ズボンを濡らしながら渚で一足早く夏を体感していました。携帯電話が入り孫のお守のために呼び出されてシーサイド公園に行きましたが、砂浜は子どもの歓声が賑やかでした。

若松進一ブログ

(孫尚樹君)

 2歳になったばかりの尚樹はまだ海には近づけないため、鯉の沢山泳ぐ池周辺で遊びながらソフトクリームやじゃこ天に舌鼓を打っていました。

 夕方家に帰ると、5月19日に生まれ奏心と名前が付けられた孫を連れて長男家族が来ていました。孫奏心にとっては、内孫としては初めてわが家へやって来たので、本人も含めてみんな戸惑うばかりでした。生まれて17日経ちましたが、母乳のため少し生まれた時より体重が落ちたようですが、まあ順調に育っているようで一安心しました。

若松進一ブログ
(初めてわが家に帰ってきた奏心君)

 17日前にお兄ちゃんとなった希心は、弟の誕生でお母さんの関心がそちらへ行くため、どこか割り切れない感じがしているようですが、お父さんと二人で夕食を済ませてからほたる祭りへ出かけたようです。二組の家族が集まると4人の小さな孫がまるで蜂の巣をつついたように賑やかで、みんなの食べるものを作る妻も買い出しに行ったりしながら、仕事から帰って慌ただしい一日を過ごしたようです。

若松進一ブログ

(長男の長男希心君)

  「孫が来て どこを向いても 孫孫で マゴマゴしてる 爺と婆」

  「四人目の 孫がわが家へ やって来た 私の姿 どんなに見えた?」

  「世の中は 何故にこうして 偏って 男ばかりが 生まれるのだろう」

  「泣く笑う こぼす転げる 絆創膏 孫が来ただけ わが家戦争」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。