shin-1さんの日記

○早くも記事を88本書きました

 愛媛新聞社がシニア世代を対象に「自悠くらぶ」というサイトを立ち上げ、ゆとりを楽しむシニア世代の素晴らしき人生を応援しようと二年前に始めた企画に、最初から参画して請われるまま「感性を磨く」というコーナーに、「人間牧場だより」というエッセー風の記事を書き始めて足かけ三年になりました。50回とか100回とか、何を持って区切りと考えるかは分かりませんが、バックナンバーで調べ数えててみると今回の記事が88回目のようで、四国遍路流に考えれば一つの区切りとも思えるのです。

 「感性を磨く」というコーナーには私の推薦した清水さん、西川さん、真鍋さんなど個性的な生き方と考え方を持った執筆陣が、違った切り口で毎回楽しい話題を提供してくれていて、私の記事など赤面のそしりを免れないものと多少反省しつつ毎回記事を送っているのです。

 他の3人は一ヵ月に2本のペース、つまり2週間に1本の約束で書いていますが、私は折角だったらと毎週1本のペースで書いているため、他の人の倍の記事量なのです。

若松進一ブログ
(シニアサイト自悠クラブのトップページ)

 自悠くらぶの記事を書き締切日までに送る作業は、この2年近くの間すっかり私の暮らしに慣れ溶け込んで、今のところ何の苦労もなく、時折送ったはずの添付写真が届いていなかったりのハプニングはありますが、まあ何とか88回まで続けてこられました。記事を見ながら人間は一日、一週間、一ヵ月、一年という周期を繰り返して生きているものだと実感せざるを得ないのです。というのも無造作に書くと慣れというのでしょうか、去年書いたと同じようなテーマや筆タッチになってしまうのです。まあ人間ですからそれもある部分は仕方がないのでしょうが、読む人が前年のことをいくら忘れていると思っても、バックナンバーから検索すると、過去の記録が引き戻されるだけに、少し視点を変えなければと思うようになっているのです。お陰さまで記事の視点が少し広がったような気もするのです。

 私は毎回記事を送るのですが、受け手たる新聞社の担当者の顔はまったく見えず、「原稿が届いた」とか、「ここはどうでしょう」と問い合わせが来るのも全てメールのため声さえも聞こえない世界なのです。これこそがデジタル世界なのでしょうが、アナログな私はそのことがいつも不安で、少々戸惑いながら記事を送っているところです。

若松進一ブログ
(感・人間牧場だよりのコーナー)

 それでも「塵も積もれば山となる」の例え通り、アップされた記事をプリントアウトして綴っていますが、1冊目は分厚くなって2冊目になっているのです。最近は読み手たるシニア世代を意識して極力写真を載せるようにしていますが、デジカメで撮影した写真を取り込んで相手に送る手法も実は「自悠くらぶ」に写真を送るために息子に教えてもらってマスターしたのです。

 シニア世代が今どんな状況に置かれ、どんな情報を求めているのか、そのことを理解しなければ送り手と受け手のコミュニケーションは成立せず、「自悠くらぶ」の存在意義もないのです。そのためにはもっと聞きたい、欲しい情報を探がさなさなければなりません。シニア世代真っただ中の私故に考えることをもう少し書いてみようと、88回という区切りに考えてみました。

 私の「shin-1さんの日記」というブログを読んでいる皆さん、一度「自悠くらぶ」というサイトを開いてみてください。

  「八八を 一つ区切りと 考えた さてこれからは 何を書こうか」

  「塵積もる 同じようだと 綴り見て 八十八本 よくも書いたり」

  「当面は 百を目標 しようかと バックナンバー 数え逆算」

  「頼まれて 自悠くらぶの 記事を書く これを自由と いうのでしょうか」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。