shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年6月3日

○私はエンドウ豆のご飯が大好きです

 一昨日私は人間牧場の草刈りをしました。一番草は既に刈り、二番草も年輪塾のメンバーが奉仕作業と称して刈ってくれたため、早い所は三番草の刈り込みかも知れませんが、水平線の家には人が度々訪れるので、綺麗にしておかないと見苦しい気持ちになるのです。人間牧場の整備が始まったとき妻が買ってくれた地下足袋と麦わら帽子の、まるでお百姓さんのようなで立ちで草刈りに挑むのですが、5年目の夏を迎えたこの日、大切に使ってきた麦藁帽子がついに藪けてしまいました。太陽の光から、あるいは木々の枝から私の頭や顔を守ってくれてきた熱戦の雄姿もついにお払い箱になりそうなのです。

 草刈りが一段落したところで、梅林に入り残った梅の収穫をしましたが、これが何と25キロくらいあって、思わず量に喜びつつも時間を使ってしまいました。「今日は早く帰るから」と妻に告げ弁当も持たずに出てきていたので、妻はかなり心配して携帯電話を入れたようでしたが、作業に夢中になっていた私はそのことにも気が付きませんでした。

 帰り際、砥部の親友稲葉さんに貸すことになった農地を見に立ち寄りましたが、先々週と先週の日曜日にしていた作業も随分はかどって、いよいよ植え付けが始まるようで、少しだけ安心をして帰ろうとすると、近所に住む梶野のおばさんに出会いました。「まあ若松の進ちゃん、お珍しい」と話が弾み、能作業していた手を休めながら話に花を咲かせました。そしてせっかくとりいれしようとしているエンドウ豆をツル毎いただくことになったのです。

 じつは私、エンドウ豆のグリンピースを入れて炊いたご飯が大好きなのです。私はカレーや炊き込みごはんなどのような混ぜ飯は嫌いなのに何故かエンドウ豆のご飯は大好きなのです。

 ツルにエンドウ豆をつけたまま軽四トラックの荷台に乗せて家まで持ち帰り、早速サヤをもぎ、仲野エンドウ豆を殻を破って取り出したのです。網ボ-ルに入れるとかなりな量でした。

若松進一ブログ

 仕事から帰った妻は、私の作業に満足しそのグリンピースを入れたご飯を夕食に炊いてくれました。いやあ実に美味でした。この分だと二回分あるのでもう一日遠藤ご飯が食べれそうなのです。

 私にとってエンドウ豆のご飯は亡き母の思い出であり、妻の味でもあるのです。毎年このころになると母はエンドウを自家菜園に作ってエンドウ豆ごはんを作ってくれました。また妻も私がエンドウ豆ご飯が好物であることを承知していて、エンドウ豆を買い求めて炊いてくれるのです。

 もうそろそろ今年の冬には遠藤の種をし入れて自家菜園に播いて栽培したいと思っていますが、毎年のことながら忙しくてなかなかそこまで手が回りませんでした。それにしてもいくら顔馴染だからと言ってエンドウ豆をツルのままいただくなんて、やはり田舎の人情とは嬉しいものです。私も自分の家で採れた甘夏蜜柑や、昨日は青い梅を漁協女性部の皆さんに少しですがおすそ分けさせてもらい喜んでいただきました。


  「まあお食べ いきなりエンドウ 豆くれる 農家おばちゃん 気前よくって」

  「好物の 豆入りご飯 食べながら 夫婦二人で 四方山話」

  「さや割ると 中から緑 飛び出して ダダっ子ように あちらこちらに」

  「さやは親 まるで子どもを 抱くように 見習いたいな 親子関係」 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. sasaki

    SECRET: 0
    PASS:
    5月生まれの私に、亡き母をよく作ってくれました。イキイキした緑が心を和ませてくれました。

コメントは停止中です。