shin-1さんの日記

○わが事務所

 「若松さん、会社を興したらどうですか」と、時々友人から話があります。というのも最近、講演依頼の際「会社名で講演の見積書を送ってください」という問い合わせが数件あるのです。その都度「私は会社は起していませんので会社名の見積書はできません」と答えると、「あなた個人の名前でも結構ですので見積書を」と言われれます。「私の講演料はそちら様のご都合もおありでしょうからお任せしますのでご提示下さい」と言うと、それ相応の講演料や旅費、宿泊費の提示があって、私は見積書を作らなければならない羽目になるのです。そんな時友人たちが「○○研究所」とか「××事務所」などの肩書きで講演などに出歩いている姿をよく見かけるのです。さてさてどうしたものか退職時には真剣に考えましたが、名刺の肩書きなど必要でないと軽く笑い飛ばして今日に至っていますが、私の日程調整や確定申告など少しハード過ぎる日々を考えると、心が動いたりするのです。でも今のような暮しをそんなに長くやる気持ちもないので、このまま軟着陸しようと心では思っています。

 さて私の書斎もいつの間にか、まるで事務所のような風采になってきました。狭かった机は長男の配慮で事務所のような大きくて広いものに替わり、机の上にはパソコンとプリンター、それにコードレスの電話まであって、まるで看板がないだけの事務所です。最近はこの書斎兼事務所で過ごす時間が多くなってきました。朝4時に起床すると真っ先に飛び込むのこの部屋で、さしずめ朝の時間は書斎なのだと自覚しますが、そのうち妻が「ご飯の用意が出来た」と呼びに来て書斎の役目は終わります。やがて8時30分になって妻が仕事に出かけて行くと、再び部屋に入ります。ここからが事務所で、電話が入ったりメールの処理をしたり、原稿を書いたりと仕事らしくもない仕事を片付けますが、週一のペースで大学の授業があるため、調べ物をしたり授業の準備などをしますが、昼間は殆ど家にいないため事務所は無人となります。幸い事務所の横の隠居には親父が年中在宅で門番守衛の役目を果たしてくれます。時折訪ねてくる宅配業者や郵便局の人、更には私設公民館煙会所や海の資料館海舟館を訪ねる人は親父が案内し、耳が遠いながらレクチャーするのです。そして私が帰ると、「○○さんが訪ねてきた」とか、「宅急便が届いたので受け取った」と、最低限の留守番をしてくれるのです。私の事務所は留守がちな私と留守番の親父と二人で経営しているようなものなのです。

 リタイアして丸三年が過ぎて四年目に突入しました。そろそろリタイア後のリタイアも視野に入れて考えなければならない年齢に達してきましたが、友人が「会社を興したら」というお勧めはどうやら夢物語に終わりそうな雲行きです。でも一方で坂本龍馬のように遊び心で「○○株式会社」なんてパロディー豊かな看板でも掛けたら面白いことが起こるかも知れないと、仙遊寺住職の小山田住職からいただいたタモの木の板を想像したりしているのです。

 私はある意味でこれまで、水先案内人のような生き方をしてきました。私に続くリタイア組みも私のような生き方がしたいと思ったり、言ったりしている人も何人かいます。そんな事を考えると、絶えず一歩前をアイディアを出しながら力強く輝いて生きて行かなければなりません。そんな事を考えながら書斎兼事務所をもう一度リニュアールしたいと思う朝を迎えました。

  「事務所兼 書斎のような 一部屋で 遊びも仕事も 三年過ごし」

  「会社でも 作ろう思う 日もあった 社長になるも 夢のまた夢」

  「はいこちら ○○会社の 社長です どうもしっくり いかぬ止めよう」

  「ご飯です 妻の呼ぶ声 我帰り 今朝もここから 一歩始まる」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。