shin-1さんの日記

○朝の楽しみと落胆

 朝起きて家の敷地内にある家庭菜園の畑へ出るのは楽しみだ

 ああでもないこうでもないと親父と二人、四論五論を繰り返しながら

 畝を切り溝を切って土中に埋めた種・種・種

 あれから四・五日経っただろうか一雨の恵みを得て

 ものの命の芽生えとでもいうべき種が次々と土を割って芽を出し

 ああここにも生きようとする力があると感じる

(鳥にも食べられず元気に目を出したトウロク豆)

 一方田舎ゆえの広過ぎるほどの家の周りの庭に目をやると落胆する

 これも一雨の恵みだろうか昨日まで目立たなかった雑草が

 勢いよく伸びだして辺り一面草だらけのように思うほど生えている

 地べたを這うように毎日草と格闘する親父の力では最早間に合わない

 家を守るのは長男の義務だといわんばかりの威圧が何処からともなく聞こえてくる

 ああ長男に生まれるのではなかったと後悔するが後のまつりだ


(今朝引き抜いた庭の草)

 こうして春から夏になると毎年毎年、毎日毎日楽しみと落胆が交錯するのだ

 さて落胆はさて置くも収穫の楽しみはまだまだ先のようだ

 多分虫に食われ、病害虫にやられ、風や雨にも晒されて

 今のように単純な芽吹きの喜びを喜ぶような」ことは少ないかも知れない

 さて楽しみはさて置くもとりあえず見える部分の草だけは取ると決意した

 朝早く起きてブログを書くのを後回しにしてハッポースチロール一杯分草を引いた

 楽しみと落胆は今日も明日も続くだろう

 楽しみと落胆は多分来年も続くだろう

 楽しみと落胆は長男の私に課せられた務めかも知れない

 楽しみと落胆の楽しみを増やし落胆を少なくするため草枯らしも考えた

 楽しみと落胆は手間暇かけるからいいのかも知れないと草枯らしはやらないと決意した

 楽しみと落胆があるからこそ人生はあるのかも知れない

 ああ今日も楽しみと落胆が私の心を弾ませそして悩ませる

  「育てたい ものは育たず 生えるなと 願う雑草 ぼうぼう生えて」

  「枝豆と とうきびの種 順調に 生えて嬉しい 五月菜園」

  「楽しみと 落胆あるのが 人生と 諦め草を 今朝も引き抜く」

  「弱音吐く 親父に替わり 庭手入れ いよいよ出番 やって来ました」

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。