shin-1さんの日記

○異動は都落ちか?

 ゴールデンウィークの連休も終り、様々な職場で新年度が本格的に動き始めました。組織をリタイアした人間にとっては、旧年度も新年度も余り関係ないのですが、それでもいささかなりとも地域づくりやボランティア活動に関わっていると、また新たな気持ちで頑張らねばと思うのです。しかし私のような部外者でもそんな清新な気持ちで新年度を迎えているのに、失意ともとれる異動をした人にとっては、暗くて重い日々になっているようです。

 今回の異動である街の本庁から支所に異動した人に出会いました。かつて私と同じく社会教育をやっていた頃は、はつらつと仕事をして、私たちと色々な活動を仕組んでいたのですが、その後音信が途絶えていましたが、様々な職歴を経て今回支所へ異動したようです。

 本庁から見れば支所の方向が西に当るため、彼の開口一番の挨拶は「いよいよ西に都落ちとなりました。これ以上西はあの世です。後2~3年で定年ですので、のんびりとここで仕事をします」と冷めた言葉でした。こんな話を聞けば私が同情すると思ったのでしょうか。私は即座に「あなたにとって今回の異動は確かに不本意でしょう。定年間近な年齢を考えれば、ひょっとしたらここで定年を迎えるかも知れません。しかし職責には本庁も支所もありませんよ。ここは都落ちの職場ではなく、行政の最前線と思わないといけないんじゃあないですか」と厳しい意見を言わせてもらいました。彼が「片道切符」と言うように今回の人事異動は彼にとって左遷かも知れないし、不本意かも知れないけれど、冗談ではありません。「のんびりここで仕事をする」なんて甘い考えはそれこそ月給泥棒なのです。

 私は彼に「もう一花咲かせてみないか」と誘いをかけました。「いやあそりゃあ無理です」と肩を落としていましたが、昨日彼から私のインターネットにメールが届きました。

 「私は仕事に対する熱意を完全に失っていました。多分あなたに会うまではそうでしたし、今もその意識は余り変わらないと思います。でも立ち話であなたにまるでカウンターパンチのような厳しい言葉を浴びせられた時、頭の中が真っ白になりました。昔も今も変わらずに輝いて生きているあなたを何時も羨ましいと思って見ているだけで、少しでも近づこうとせず仕事をしてきたことが悔やまれます。歯車とは恐ろしいもので、一つ狂い始めると何でこうなるのだろうと思えば思うほど狂い続けるものです。今も私の人生の歯車は狂ったままなのです。

 -中略-

 まだ心の整理もついていませんが、一度人間牧場へお邪魔させてください。そしてどうしようもない自分のモヤモヤした気持ちを聞いてください」というのです。私は嬉しくなって直ぐに返信のメールを送りました。彼が言うように後2~3年、のんびり生きるのか、私が言うように「もう一花咲かせる」のか、これは気持ち次第でどうにでもなると書きました。

 今日本全国の自治体は合併というトンネルを抜け明るさを求めて動き出している部分もありますが、それどころか暗いトンネルに入って抜け出せない部分もかなりあるのです。特に職員の気持ちが彼のようにすさんでしまっている人を数多く見かけるのです。それは行政サービスの低下ですから、とりもなおさず行政不信へと直結しているのです。「のんびり」なんて悠長な考えがあるから「年金」も「後期高齢者」の問題も様々なマイナス面が出ているのです。もっと真剣に月給泥棒と言われないような緊張感を持った仕事をして欲しいと願っています。今週彼は私の人間牧場へ話にやって来ます。もう一花咲かせるために・・・・・・。

  「のんびりと 後三年を 過ごすより 一花咲かせ 終わる仕事を」

  「メール来て まだ残り火の あるを見た 意志の薪を どんどんくべて」

  「本庁が 出世と思う 馬鹿がいる 前線基地は 支所が一番」

  「今週は 悩める羊 やって来る 人間牧場 役割見つけ」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. 和田
    Posted 2008年5月13日 at 1:51 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 人は、都落ちの感覚なんでしょうね。特に内の場合なんかでしたら、そうなんでしょうね。通勤に1時間はかかるは、道路事情は悪いはで。  顔の見える行政でしか出来ない我々としては、本庁勤務が大変!偉いなあと思います。  この春、僕の先輩が中村の出先機関へ行きました。通勤時間1時間20分彼も左遷と思っているようです。