shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年5月3日

○遍路しました

 「今日は久しぶりに今治に赴任している息子の所を訪問しよう」と、玉と二人で出かけました。ゴールデンウィーク真っ只中なので、どの道も混むだろうから、高速を使わずのんびり行こうと決め込んで双海~松山~旧北条~今治という海岸線の道を選びました。途中昨晩夜勤だった息子のマンションに忘れ物を届けに立ち寄りましたが、息子の夜勤が長引いたため、持参した時計を郵便受けに入れて欲しいと頼まれました。しかし初めて訪ねるマンションでは202号か203号か部屋の番号が分らず、後で分ったのですが結局は間違って隣の部屋の郵便受けに入れてしまう大失態をやらかしてしまいました。

 そんな寄り道をしたので道後~堀江へは白水台を経由する山越えの道を通り、国道196号に出たのです。その頃から息子の所に電話を入れ始めたのですが全く応答がなく、今日訪問することは分っているはずなのにと、私も妻も苛立ちを隠せませんでした。

(大西町星が浦公園での休憩、海が綺麗でした。勿論妻も?)

 このままだと手持ち無沙汰で、今日一日が何の意味も持たないため、時折見かける歩き遍路の人々に刺激されて密かに用意した遍路旅を急遽やる事にしました。

 実は私たち夫婦はもう10数年前から車による遍路を始めていますが、昨年やっと納経帳が全て終り、いよいよ高野山へお礼参りをしようと思ったのですが、少し遅れて始めた掛け軸納経が済んでいない事に気付き、暇を見つけてはフォローの遍路をしているのです。それでも偉いもので、昨晩調べて見ると今治・西条、松山、香川の一部を含めた20ヶ寺程になっているのです。そこで今日は今治・西条の遍路に挑戦しました。元より宗教心の少ない夫婦故、逆打ちなどへっちゃらで、今治の56番札所泰山寺、57番札所栄福寺、58番札所仙遊寺と順番にお参りしました。

(泰山寺の境内)
(瀬戸内海が一望できる仙遊寺からの眺望)
(仙遊寺の本堂にて。ご住職は留守でしたが、若い娘さん夫婦にお目にかかりました)

 途中仙遊寺への入り口付近で偶然にも同級生に出会いました。彼は私の友人小山田憲正さんが住職を務める仙遊寺の寺男として働いていて、仙遊寺を訪ねる度に出会っていましたが、最近はとんとご無沙汰していて、久しぶりの再会でした。彼はトラックに荷物を積んで移動中でしたので、そこそこのあいさつで分かれてしまいました。

 仙遊寺から朝倉を経て息子の住んでいる今治市湯の浦までは農面道路を走りました。その頃やっと息子と電話がつながり、どうやら緊急な会議は入って今日は私たちと会えないとの事でした。妻も私も落胆しましたが、このまま遍路を続ける事になって、カーナビを頼りに60番札所横峰寺を目指しました、湯の浦からは約小1時間かかる山寺でかなりの険しさです。それにしても人間の、特に私たち夫婦の記憶は曖昧なもので、何年か前納経帳にスタンプを押し梵字を書いてもらうため必ず訪れたはずの山道なのに、入山の時1800円の通行料を取られたことや、駐車場から約500メートル歩いて下ることなどすっかり忘れ、初めて訪れたような感じでした。忘れついでに、横峰寺の中ほどまで下った場所で、車の中へ掛け軸を忘れてしまった事に気付き、結局は私が汗だくで引き返す羽目になっえしまいました。

(入山料1800円を支払った横峰寺は石楠花が咲いていました)

(横峰寺の道すがら立ち寄った、分水で話題の黒瀬ダムは透き通っていました)
(ダムの堰堤で四国の山々を望む)

(前神寺では沢山の衣を着た集団に出会いました)

(吉祥寺の山門)
(宝寿寺の本堂)
(子安大師、香園寺)

 黒瀬ダムの風景、山ツツジや野フジの花の美しさ、新緑の四国山脈など、どれをとっても美しく右に左に変わる美しい風景に夫婦共々目と心を奪われました。

 その後64番札所前神寺、63番札所吉祥寺、62番札所宝寿寺、61番札所香園寺と今日一日で8ヶ寺もお参りすることが出来ました。少し向こうが見えてきた感じです。とんだハプニングで今日はいい遍路ができました。夕方5時頃息子から「今会議が終わった」と携帯が入りました。息子も明日だけ休みとかで、今日は休ませてやろうと、旧リンリンパークのお風呂に立ち寄り汗を流しました。帰路今度は長男夫婦から「今晩泊まりにゆくから」との電話が入り、慌てて帰路と相成りました。

  「会うはずの 息子いきなり 会議中 手持ち無沙汰で いきなり遍路」

  「この道は いつか来た道 だのに何故 記憶途切れて 初めて来たよな」

  「野山咲く 藤やツツジに 目奪われ 急なカーブも 恐る恐ると」

  「通行料 まるで高速 千八百円 仏のご意向 罰当たらぬように」