shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年5月2日

○名残惜しい春の夕日

 「夕日は何時の夕日が一番美しいいですか」とか、「何処から見る夕日が綺麗ですか」と、夕日に狂ったように見える私によく質問されるのですが何とも答えようがなく、「あなたが見る時が一番、あなたの見る場所が一番」と答えにもならぬ回答で質問した人を煙に巻いています。

 暑くもなく寒くもない丁度良い季節がやって来ました。夕日を鑑賞するにはもってこいの季節です。明日から始まる連休も、外国や国内旅行を楽しむ人は多いと思われますが、花や旧所名跡を巡るのも一向なら、夕日や朝日など時間の移ろいを感じるのも一向だと思われます。

 早いもので今年も4月の春は終わりました。デジカメの写真を整理しながら名残惜しくも春の夕日の写真を取り出して見ました。この写真は私の家の裏庭から撮影したものです。春から夏にかけては、太陽の通るコースは最も北寄りです。6月の末には山口県周防大島の旧東和町辺りに沈むのです。その時期にはこのように私の家から居ながらにして美しく海に沈む夕日が見えるのです。

 この日私は、久しぶりにわが家へやって来た孫尚樹を抱っこして夕暮れ迫る庭を散歩していました。運良くポケットにカメラを忍ばせていたので、来月1歳になる孫を抱きかかえたまま裏庭に上ってシャッターを押したのです。今のカメラは手ぶれも殆どなく写せるため、それなりに撮れていました。そのうち夕日が丸くしっかりしたため自称夕観所と名付けた東屋へ行き、孫を台座の上に置いて少しズームインしてみました。今まで気付かなかった電柱や電線がやたら視界に入って、残念ながらいい写真は取れませんでしたが、それでも「夕やけこやけ」の歌を孫に歌って聞かせながら夕日のお話をしてやりました。まだ赤ちゃんと呼ぶようなゼロ歳の孫故、夕日の美しさなど知る由もありません。でも赤ちゃんの顔を真赤な夕日が染めて幸せそうに見えました。

 薄暗くなり不安なのか孫がぐずり始めたので家へ入りましたが、偶然最後の一枚はまるでローソクか線香花火を逆さにしたように電柱に夕日が重なって写っていました。電柱や電線を景観ではまるで悪者のようにいいますが、こんな生かし方を考えたりするとまた違った趣きがあるようです。まあ電線や電柱は心で消せばいいのです。

 最近の子どもたちは夕日を見る機会が殆どないと多くの人が指摘します。それもそのはず夕日が沈む頃は塾へ行って猛勉強したり、テレビのマンガに夢中になっているのです。かけがえのない一瞬の輝きを鑑賞するくらいな心の余裕を持ちたいものです。子どもが夕日を見ないのではなく、親が夕日を見ないから子どもが夕日を見ないのです。せめて明日からの4連休の一回くらいは親子で夕日を見ては如何でしょうか。お金はかからないと思うのですが・・・・・。

  「写真でか 見れぬ四月の 夕日見る 名残惜しむも 既に過去形」

  「電柱に かかった夕日 これもまた 面白いねと 一人ニヤニヤ」

  「赤ちゃんの 顔に夕日の スポットが 当りて一層 赤く染まりて」

  「わが家から 夕日見えると 自慢する これから当分 一人楽しむ」