shin-1さんの日記

○久しぶりに人間牧場で寝ました

 昨日、「第2回ソーシャルアクションスクールin四国」という10人ほどの小さな集会が人間牧場で開かれました。松山駅前を出発した一行はシーサイド公園を中継して2時過ぎに人間牧場へやって来ました。私の話を中心に対話形式で私をしゃぶり尽くそうという企てのようですが、公務員、民間、学生など様々な異業種の人の集まりなので私も楽しみに出かけました。

 この日は今年の秋一番の冷え込みで、北西の季節風がかなり強く吹くあいにくの天気でしたが、遠望も利いてまあ寒さを辛抱すればまずまずといったところでした。私は午前中孫朋樹を連れて人間牧場へ行き、お客を迎えるための準備をしました。水平線の家の掃除機かけ、ロケ風呂の拭き掃除、ロケ風呂周辺の草引きを一通りこなし、風呂にお湯を張りました。皆さんが風呂に入るのは9時過ぎですが、先日タンク設置工事を行ったばかりなので、水やお湯の出具合を確かめたかったのです。お湯も順調に出てタンクへの流入も順調なことを確かめて、孫を家へ連れて帰るため一旦下山しました。

 急いで昼食を済ませ毛布や資料などをトラックに積み、再び人間牧場へ向いました。一行は少し遅れての到着となりましたが、早速私の話が始まりました。まちづくりや人づくりに興味のある人ばかりですが、私の話を聞かれた人もいるので、私のこの2年半の話をプロローグとして、今まで比較的話していないような事を中心に話し、その後聞きたい話を質問のような形で回して行きました。「時間はたっぷりあるので」と主催者代表の山本さんから言われていたので、夜の会への導入のつもりでお話しました。


 夕方になるとかなり冷え込んできたようなので、暖を取るためことしの秋になって初めてストーブを焚きました。多分深夜はもっと冷えるだろうと、囲炉裏の座蓋を取って火を入れ、先日大洲青少年交流の家の田中課長さんからいただいた炭を入れました。赤々と燃えるストーブも囲炉裏も人の心をほのぼのとさせてくれました。囲炉裏を囲んだ座談会は飲むほどに酔うほどに熱を帯び、夢や思いを大いに語り合いました。特に大学生の存在も大きかったようです。

 明くる日に長崎への出張を控えているため私は11時過ぎに話の輪からはずれ、その日のノルマであるハガキを3枚書きました。1枚目は先日お世話になった株式会社システムブレーンの斉藤純一さん、2枚目は少し遅くなりましたが今治造船労働組合の南盛由さん、3枚目は先日松山全日空出の講演を聞いた熊本県の飯田真志子さんにです。人間牧場でハガキを書くこともそんなにはなかろうと、思いをめぐらせて書きました。12時になって時計の針が明日が今日になったのを見計って私のとっておきの個室に入り夢の世界へ旅立ちましたが、酒に酔った若者たちはさすがにいびきがひどく、何度となく起されましたが、4時過ぎからは小さな灯りを便りに読書にふけり、6時前に起床しました。



 

  「牧場で 夜を徹して 話する 何時の間にやら 若い人たち」

  「掃除して 風呂を沸かして もてなしを 何時の間にやら 旅籠の主」

  「山道を 一人散歩の 見慣れ人 何時の間にやら 歳を重ねて」

  「黎明に 浮かび上がるや 沖の島 何時の間にやら 夏から秋へ」


 

黎明の人間牧場界隈は前回泊まった夏とはすっかり趣を変えていました。強く吹いていた風も夜のうちに止み、秋祭りを二日後に控えた漁船が沢山エンジン音を響かせて沖を目指していました。陸風が海風に変わる7時半には全員で大掃除をして解散し県内のあちこちへ散って行きました。私はトイレの掃除と風呂の抜き取りなどを終え、昨夜風呂の水をためるタンクが空になった原因を調べるため、水元へ出かけました。地主さんの都合で水抜きが行われたようで、取水口より水面が下になっていて、故障でないことが分ってホッとしたのです。今週の土曜日には子どもたちが芋掘りのため再び人間牧場へ上がってくるので地主さんにお願いして水をためてもらうようにしたいと思っています。

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. TOM.田中
    Posted 2007年10月22日 at 12:00 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: ソーシャルアクションスクールの田中です。(青のジャンパー) 昨日(9/20)人間牧場でのお話し、本当にありがとうございました。これからの人生において、必ずやプラスにしたいと考えています。 我々を迎えるために、いろいろな準備、おもてなしをしていただいたのに、トイレ掃除、お風呂の掃除をせずに帰ってしまい、申し訳ありません。 次回お邪魔した際には、私が必ず掃除して帰ります。 さて、私は、リーダーに向いているか、向いていないかは分かりませんが、「今をどう生きるかが大切、今の仕事をこつこつとやって、実績を残す」生き方をはじめようと考えています。 また、あの最高のゴエモン風呂に入らせてください。いまでも、あの空間、時間が頭にこびりついてはなれません。 最後になりますが、お身体に気よつけて、ますます素敵になってください。 本当にありがとうごいました。