shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年10月26日

○年金暮し

 世の中を騒がせている年金問題ですが、一昨日愛媛県厚生年金受給者協会今治支部の「年金受給者のつどい」に招かれ講演をました。会場となった今治市総合福祉センターには職場をリタイアし年金暮らしをしている人が沢山来ていて、安心と不安が入り混じるような雰囲気の中でお話させてもらいましたが、年金が少ないだの何だかんだといっているものの、これだけの人に年金を差し上げなければならないのですから、国家も大変だと一瞬思いました。

 私の話は相も変わらず楽しい話で、笑いの中にもあっという間に1時間が終わってしまいました。私の前は年金の話し、私の後は地元有志によるアトラクションと午後からのプログラムは多彩で、時間を押してはいけないとの配慮から、5分前には進行役が客席から「5分前です」というメモ紙を見せる念の入れようですが、私は時間を守る方なので、反骨を見せて一分半オーバーさせました。多分司会はやきもきしたことでしょう。だって遠いところを話に来ているのですから、少しぐらいはいい話をしないと勿体ないと思うのは当然のことだと思うのです。

 それにしても皆さん元気です。金はある、暇はある、体も元気となるとこれ以上の幸せはありません。しかし人間は欲なもので、満ち足りればもう少しお金も欲しいし、長生きもしたいのです。要は何をしたいか、何が出来るか、それが生きている証なのです。最近は金・暇・元気なのに、生きがいも持てずにただボーっとして一日を過ごすただ生きているだけの人も増えてきているようです。役立ち感があればもっともっと充実した人生になるとお話しました。

 来月は新居浜市、四国中央市の同じような集会に招かれていますが、さて次はどんな話をしようか、今から楽しみです。ご来場を予定している皆さんも楽しみにしていてください。

  「年金で 遊んで暮らせる いい時代 国家の財布 火の車です」

  「ああ俺も 年金暮らしの 人となり 妻の眉間に しわ寄る日々だ」

  「時間です まるでテレビの リハーサル メモ出す人の 面白可笑し」

  「お目当ては 私の話しか 記念品 軍配どちら 気になる方へ」 

 
 

[ この記事をシェアする ]