shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年10月12日

○あんたは暇だから・・・・

 昨日古い友人からメールが届きました。「パソコンをいじっていると若松さんのブログに行き着きました。懐かしさの余りに読んでいると、結局寝れなくなって朝方まで読みふけりました。お陰で今日は寝不足です。間もなく定年を迎えリタイアする予定の私ですが、あなたのような定年後の生き方が出来るかどうか不安です。でも来年の退職までには何とか生き方を見つけたいと、あなたの文章を読みながら感化されました。それにしてもあなたのブログは凄いです。あるわあるわで毎日2本、しかもあれだけ長文の文章をよく書けますねえ。よっぽど暇なのでしょうね」で結んでいました。

 確かに言われるとおり私はあの文章を書くための時間があるのですから暇といえば暇なのでしょう。でもあの文章を書くためには朝4時に起きて1本、12時就寝までに1本と人が休んでいる入る間の時間を利用して書いているのですから、時間の有効利用といった方が正しいのかも知れません。

 文章の長さですが、私には今の文章の長さがないと舌足らずになって上手く表現できないのです。最初は少し短めの文章からスタートしましたが、結局は今のスタイルになってしまいました。

 「毎日何でそんなに書くことがあるの」とも書かれていましたが、書くことが多過ぎて困るほど話題には事欠きません。それというのも日々の暮しを素材にしているため、毎日ご飯を食べるのと一緒です。ブログは他人に読んでもらうドキドキ感もあるのですが、見えない読者ゆえに、嘘や見栄を張ってカモフラージュすると、読者の目は厳しくそのことを見抜いてしまうのです。ですから自由人になった今が誰からも束縛されず本音で書けるので、好評を得るのかも知れませんね。

 文書はその視との能力にもよりますが、書けば書くほどスピードが早くなり、表現も豊かになることは事実です。私などは相変わらずの拙文で、幼稚文のそしりを免れません。でもこの2年間で随分書くスピードも早くなりました。書き続けていると四季の移ろいや日々の暮しもそういう目で見るから何処かメリハリが効いて豊かになります。新聞を読んでも雑誌を見ても学びの心が頭を持ち上げるのです。お陰様で知的エネルギーが随分蓄積されました。後はこの知識を知恵に変えるための努力が必要です。これからも出来る限り努力してブログを続けてみたいと思っています。

  「旧友の 送りしメールに 暇とある 確かに俺は 暇かも知れぬ」

  「ブログ読み 寝不足だよと メール書く 友の笑顔が 思い出される」

  「来年は 彼自由人の 仲間入り 見本のような 生き方します」

  「ブログ書き 只今俺の 生きがいだ 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. T

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ!
    207年2月17日(土)山梨県甲斐市竜王図書館での若松さんの講演会を聞きに行った、甲斐市民です。
     ふと「若松さんは今どこで講演会をなさっているんだろう?」と思い、久しぶりにブログへお邪魔いたしました。相変わらず大活躍のご様子、とても嬉しく、ブログの記事を読んでは竜王図書館での楽しかった講演会のお話を思い出しています。
     ブログの記事を読んだお知り合いの方が「暇だね」とメールをくれて、朝4時、夜12時に書いているという文章を読んだとき、やっぱり若松さんは凄い方だなぁと思いました。努力がなければ暇だって作ることは難しいですよね。またひとつ勉強になりました。ありがとうございました。

コメントは停止中です。