shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年10月10日

○孫朋樹君の自由時間遊び

 娘婿の東京出張を口実に、このところ再三再四娘が週末にわが家へやって来ます。娘が動けば4歳の孫朋樹と生後4ヶ月の孫尚樹が一緒について動くので、週末のわが家はまるで蜂の巣をつついたような賑やかさです。子ども4人の子育ても終り、就職してしばらくの間わが家から通勤していた次男もわが家から出て独立したため、憧れの夫婦水入らずの静かな暮しを勝ち得ていただけに、静さと賑やかさの落差に戸惑いながらの対応です。それでも孫の泣き笑いする声はいいもので、来る前には何となくソワソワして浮き足立ち、帰ると疲れがドッと出て寂しくなるのです。

 来月には5歳の誕生日を迎える朋樹は、双海での暮らしも随分馴れて、おもちゃもちゃんと双海用と松山用とに自分で使い分け、勝手知ったるような雰囲気で振舞うのです。特にお気に入りは人間牧場で、おじいちゃんの私と二人で秘密の部屋まで用意しているのです。

 先週の金曜日には明くる日私の自由時間を狙って一人で泊まりにやって来ました。二人で明くる日の人間牧場での遊びを画策し、夜はその計画を話しながら二人で寝ました。今回はドングリ拾いとドングリ駒作りがメインのプログラムなのです。

 土曜日は天気も良く二人でトラックに乗り込み人間牧場に出かけました。先日近所の農家西嶋さんからブドウを沢山頂いていたので、お菓子のおすそ分けをついでに持って行きました。運良く西嶋さん宅の5歳くらいな孫娘さんがいて、飼っているウサギを見せてもらいました。朋樹も興味があるのですがウサギの元気さに圧倒されて飼育小屋に入って抱きかかえることができず残念がっていました。

 ドングリは人間牧場の隅にあるクヌギの木の下でいっぱい拾いました。今年はまだ戸外は汗ばむ陽気で上がり蚊がブンブン飛んで容赦なく襲い掛かってきます。朋樹も美味しいのか随分蚊に刺され、持参した虫刺され用ウナクールの世話になりっぱなしでした。

(ウッドデッキの背もたれ椅子に体を沈め、捕まえたカマキリを虫篭に入れ、ご満悦にくつろいでいます)

(人間牧場は遊びの宝庫です。カズラで冠を作ってやると、「大様だーとはしゃぎまくっていました)

 空は何処までも晴れわたり、初秋の風が心地よく吹いて、遠望もいい眺めでした。

(カメラが変わって深度のあるかなりいい写真が撮れました)

(この景色を独り占めしようと風呂を沸かし、五右衛門風呂を孫と二人で楽しみました。まるで秘境の隠れ家温泉とう感じで、孫はとてもうれしそうでした)

 

 帰ってから二人でドングリ駒を5つばかり作り居間の机の上で回しながら遊びましたが、買ってもらった既製品の遊びよりカマキリもドングリ駒も孫には興味があるようでした。

  「ドングリが ちょっとの工夫 駒になる 金もかけずに 遊び見つける」

  「カズラ取り 孫の頭に 冠を 大様なった 気分ではしゃぐ」

  「虫篭に カマキリ入れて 得意顔 触れないくせ 人に自慢を」

  「いい湯だな 二人の秘密 風呂の中 ♯海は広いな♭ 思わず歌う」 

[ この記事をシェアする ]