shin-1さんの日記

○数字が示す驚くべき実態

 ある雑誌に以下の数字がクイズのような形で載っていました。この数字一体何を表す数字だと思うでしょう。

 ①4~5万人

 ②300kgと180kg

 ③28%

 ④5800万トン

 ⑤1940万トン~1200万トン

 何のコメントもせず、ヒントも出さず、この数字を見ただけで答えを求めても多分正解者はいないと思うのですが、結構考えさせられる数字だけに目に留まり、コラムをスクラップしました。まず考える前にヒントを出しておきましょう。この数字は食糧問題です。

 ①の4~5万人は飢餓が原因で1日に亡くなる人の数です。これを単純計算すると1分間で35人もの人々がお腹をすかせたまま亡くなっているのです。②ですが、地球上で生産される穀物の量は20億トン生産されていますが、これを世界人口65億人で割ると1人当たり300㎏です。ちなみに標準量は一人当り180㎏ですから、計算上は満ち足りているのですが、日本人は必要なカロリーより26パーセントも多く食べているし食べ過ぎ人種なのです。

 穀物を食べるのは何も人間だけではなく家畜だって食べます。先進国では全体の60%が家畜の餌になっています。牛肉は1kg創るために8㎏の穀物、豚肉1kgは穀物4kg、鶏肉1kgは穀物2kgも使っているのです。世界の20%にも満たない先進国に住む人間が世界の半分の穀物を消費しているのです。

 日本の穀物自給率は③の28%で、70%を輸入に頼っています。そして④の年間約5800万tを輸入しながら実はその3分の1に当る⑤の1940万t捨てています。思いつくのは外食産業の大量廃棄、1200万tは各家庭からの残飯廃棄なのです。日本のことを残飯大国というのだそうですが、食べ過ぎ、買い過ぎ、捨て過ぎな日本が、食糧戦争で外から食糧を断たれたら一体どうなるのでしょう。試算によると1年後3000万人が餓死するのだそうです。

 答えです。

 ①飢餓のため1日に亡くなる人の数

 ②日本人の1年間の穀物消費量と世界レベルの標準量

 ③日本の穀物自給率

 ④日本の1年間の穀物輸入量

 ⑤日本の1年間の食糧廃棄量と家庭からの廃棄量

 この数字を見て他人事と笑うわけにはゆきません。メタボリック症候群や肥満が話題になっていますが、外国から見れば日本のこれらは贅沢病でしかないのです。今一度自分鯛の暮らしを見つめ直し、無駄な買い物をしない、食べる量を減らす、食べ残しをしないことを基本にしたいものです。脂身の美味しい肉や季節外れの食材に手を出さないよにしたいものです。旬は安くて上手いし、もったいないという日本の言葉を噛みしめたいものです。

  「愚かだな 数字を見つめて 思うこと いつの間にやら 飽食日本」

  「そういえば 残飯多くなりました ゴミを出すのに 金まで出して」

  「俺だけは 大丈夫だと 思ってる それが危ない 日本の怖さ」

  「なるほどと 思うが直ぐに 忘れ去る のどもと過ぎて 暑さ忘れる」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。