shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年10月6日

○あれから一週間

 何か目的を持って生きていると一週間といえどもあっという間にその日がやって来ます。ましてや原稿締め切りに追われると余計早く感じるものだとしみじみ思いました。地元紙愛媛新聞社が一週間前に立ち上げたwebサイトシニア世代に向けた情報発信「自悠くらぶ」に早くも記事を2本書きました。「夕日は今が旬です」と「秋には秋の花が咲く」という記事なのですが、私の記事は同じコーナーの4人に比べコラムなので、目的もなく、まるで無目的な他愛のない戯言なのです。しかし世の中は不思議というか暇な人?がいるというか、早くも「読んだ」「見た」とメールがちらほら届くようになりました。まだ2本しか書いてないのにです。このところ忙しくて書いたことも忘れ、webサイトにアクセスすることも忘れ、ましてや次の号の記事締め切りが早くも迫っていることさえも忘れているのです。こんな状態ではいい生地を提供できないと思い、思い切って机の前に「自悠くらぶ原稿毎週月曜日締め切り」と書いて張り出す事にしました。と同時に自分の予定表の月曜日の欄に印を付けて見たのです。私の予定表は大判で商工会からいただいたものを使っていますが、退職時には空欄が目立っていた予定表も何だかんだと予定が入るようになって、丸印や三角印がやたらと多いのです。例えば毎週水曜日は愛媛大学の非常勤講師をしているため講義日を忘れないために予定表が届いたその日に水曜日の欄に丸印を入れます。こうしておけばそれが優先されて他の予定が入らなくなるのです。また幾つかの例会も三角印が入って、それだけでも毎週何かの予定が入ってしまうのです。「自悠くらぶ」の原稿締め切りは赤の三角印にしました。今月は10月1日が月曜日だったため5回もあるようです。私の一週間はこうして月曜、水曜、金曜日や土・日曜日は何かと予定が入るのでどうやら火曜日と木曜日が比較的空いているようです。

 一週間といえば先日畑に蒔いた様々な野菜が早くも芽を出し、二週間前に蒔いた大根などはすっかり大きくなって、早くも食卓を飾っています。野菜が大好きになった私としてはこれから葉ものや根菜類が出回り食欲の秋です。旬を過ぎたピーマンやナスも畑にはやたらと多く、ナスは料理バリエーションも広くて、炒め物、焼ナス、煮付け、からし漬け、ナスカレー、田楽ナスなど、妻の得意料理が毎日出て、時折出るオナラもナスの匂いがするのではと大笑いをしました。そのナスは娘が大好物ですから毎回松山へ行く度に差し入れして喜ばれています。

昨日は久しぶりに私が迎えに行って孫が泊まりに来ています。親から離れることに興味を示し始めた孫も随分大きくなりました。今日は孫と人間牧場へドングリを探しに行きます。

 昨晩孫のために妻が拾ってきていたドングリでドングリ駒を作って遊びました。ドングリに千枚通しで穴を開けそこに爪楊枝を差し込んで作るのです。最初は上手く出来ませんでしたがそのうち回りのいいドングリ駒が5つ出来て、孫と机の上で回す競争をしました。孫も最初は回せなかったのにコツを掴んだのか回せるようになって、キャーキャーいいながら1時間も遊びました。今の子どもは既製品の遊びに慣れているため、逆にこうした手づくりの遊び道具がとても新鮮に感じるのでしょう。

[ この記事をシェアする ]