shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年9月2日

○生協の常勤役員さんが人間牧場訪問

 えひめ生協の大川理事長さんに会ったのはもう20年も前のことです。地域づくりの出発となった雪の集会が道後文京会館で行われた時、当時生協の理事長さんだった立川百恵さんとご一緒でした。以来何度か思わぬ所でばったり出会ったりでしたが、今年の研修会に講師として招かれてから再び急接近し、非常勤理事まで引き受ける羽目になってしまいました。以来担当の尾崎さんを介して理事会や研修会で出会い、今回も尾崎さんから常勤役員で人間牧場への打診があり、快く引き受けました。ところが運の悪いことにこの日は朝からぐずついた天気で、午後2時の待ち合わせ場所である下灘コミセン前広場に到着した頃はかなりの雨足で、よほど運の悪いグループだと思いつつ理事長さんと松本専務さんを私の車に乗せ、出発しました。多分後続の2台に乗った方たちからは「どこへ連れて行かれるのだろう」と心配話に花が咲いたことでしょう。曲がりくねった道、細い道の連続を過ぎて到着したら、外はまた濡れるほどの雨で、ウッドデッキにも出れず、魚梁瀬杉のテーブルの回りに陣取って、私の話を熱心に聞いてくれました。

 私の話は、ひごろ話さないまちづくりの裏話や失敗談に終始し、約1時間30分も喋り続けました。人間牧場の構想から建築に至るまでのエピソードとこれからの計画について。自分の発想の原点は一体どこにあるのか。これまでの長いまちづくりの実践で失敗した出来事から何を学んだか。町の広報240号の発行プロセスで書くことを覚えたこと。結婚式の司会537組の実践で学んだプロデュース能力。第14回NHK青年の主張による自信が喋れる男に成長させたこと。毎朝早朝5時からのシーサイド公園砂浜を12年間掃除したことが認められて観光カリスマに選ばれたこと。100人全てが賛成することはやっても意味がないこと。トラブルは逃げると追いかけてくることやトラブル解決能力。人生の生活設計。失敗から学ぶ成功術などなど、思いつくままに話しました。8人の参加者は席を立つこともなく身を乗り出すような迫力でじっと聞き入っていました。役に立ったかどうかは疑問ですが、早速松本専務さんからお礼と感想のメールが届いていました。早くて嬉しい反応です。

 生協の組合員さんの多くは生き方に芯がある人が多いようです。ですからしっかりと自分の主張が出来ます。これを反対意見ととらえ煩わしいととるか、その意見に耳を傾け真摯に対応するかは執行部の姿勢一つで決まります。そして正しい対応が出来たとき組合は信頼され充実と成長をしてゆくのです。

 この日の天気のように今の日本は景気が上向いたといいながら何か不安の火種がくすぶってるような気がします。しかしこの天気もいつかは晴れて穏やかな日々が戻ってきます。ですから「天に向かってブツブツ言うな、雨の日には雨の日の仕事がある」と考えて今日一日を一生懸命やることなのです。

 この日人間牧場水平線の家へやって来た理事長以下の常勤役員は若くて優秀なスタッフとお見受けしました。組合員のためにいい仕事をして下さい。くれぐれも目線は組合員の健康と幸せなのです。

  「雨が降る 自慢の夕日 見えずとも 心に太陽 唇に唄を」

  「細い道 何度か通れば 広くなる 行きと帰りは 同じ道幅」

  「理事長も 粋な計らい するものよ 寸暇惜しんで 心耕す」

  「霧晴れて 一瞬港 見え隠れ チャンス逃せば 次は見えぬぞ」 

[ この記事をシェアする ]