shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年12月27日

○紙ごみの中から2万円

 このところ毎日のように大掃除をしています。家の窓ガラス掃除は毎年私たち男組の仕事と決められていますが、男組の長男、次男、三男が一抜け二抜けと抜けて、今では私一人だけになってしまい、疲労感を感じるような大仕事になってしまったのです。一昨年は年末年始にぎっくり腰になり、去年の年末年始は大風邪を引いてダウンしたため、助っ人の長男が代行してくれましたが、今年はその長男も忘年会だ仕事だと何かと言い訳を言って帰って来ないので、諦めて私一人が半日ずつ二日間をかけてやりました。今年は前二年のようにぎっくり腰にもならず風邪も引かなかったため、順調に作業を終えました。

 さて今日は書類類の大掃除です。捨てきれない書類の山の中からもう不必要になった紙ごみを選り出して行くのですが、これがまた手間もので、全てを捨てきれないこともあって意外と時間がかかりました。紙ごみの選別は、一年間一度も見たり読んだことのないものは捨てるのが常道だと聞いていますが、そう言う訳にもいかず苦戦しましたが、それでもキャリー一箱分の紙ごみが出てきました。わが家は田舎ゆえその紙ごみを空いている畑の真ん中に持ち出して、破ったり丸めたりしながら焼却しました。紙ごみはよく燃えるもののページの厚い書類はそのままだと重なって燃えないため丸めて日の中へ入れるのです。紙ごみの灰は軽いため風に舞って飛んで行き、洗濯もの以外を及ぼすので、今朝のような無風の時間帯を選ばなければ近所に迷惑がかかってしまうのです。


 先日紙ごみを整理していてとてもラッキーなことがありました。書類の中から封筒に入れられた2万円が見つかったのです。講演先でいただいた謝礼だったのですが、うっかり忘れてその時のレジメに紛れ込んでいたのです。昔なら妻に内緒で呑み代にしたのでしょうが、今は呑み台など要らないし、必要な費用は妻が全部出してくれるので、あっさり妻に訳を言って渡してやりました。妻は大層喜びその夜の夕食はいつも以上豪華となったのです。

 大掃除で出てくるものに、返信用封筒があります。相手が切手を張って同封してくれているのですが、メールでことが済んだ場合、この切手は不要となるのです。これを切り取って名刺箱に収納するのですが、これが1年間にはかなりたまって、先日は育児休暇の娘に郵便局へ持って行ってもらい、ハガキと交換してきて貰いました。勿論書き損じや未使用返信はがきも含めると凄い量になって、50円のハガキ400枚にもなり、今は豊潤なハガキを使って、毎日せっせとハガキを出しているのです。

 わが家が少しだけすっきり、少しだけ綺麗になりました。これでひとまず心のゆとりができて、安心して正月を迎えることができそうです。「ゴミのようにお金が貯まるものなら」とh妻の弁ですが、私もそう思います。また人間は何と愚かな行為をしているのかとも思います。今日焼却処分した紙ごみを作るのにどれ程の木材と、どれ程の人力を要したことでしょう。有を無にするからまた新たな有が生まれ、それが経済になるのだと分っていても、もう少し人間は賢く生きてゆかなければならないと思いました。

 紙ごみを処分して、果たしてあれは処分すべきだったかと少し反省し、同時に綺麗になったと少し安堵する心の葛藤は、やはり毎年繰り返される年末の出来事なのかも知れません。

  「紙ごみの 中から何と 2万円 妻は喜び 夕食一品」

  「このゴミを 作るにかかる 資源手間 愚か人間 いつかは滅ぶ」

  「有を無に するから 新たな 仕事でき 経済回る 分っていても」

  「老いの身に 窓拭き掃除 重過ぎる 早く代替え しなけりゃ思う」