shin-1さんの日記

〇夫婦二人だけの静かな生活

 専門学校に家から通っていた次男が看護師になって家を出てから2年近くが経ちました。それ以来隠居に暮らす親父と3人となったわが家です。子どもが4人いたり、祖母や母が存命中は8人の大家族だったのにいつの間にか子どもたちも巣立って、巣の中は親鳥だけとなりました。静かといえば静かなのですが、夫婦だけの会話はどこか単調で、少し言い争いでもしようものならテレビを介したり食事を介したりくらいしか会話が続かないのです。

日ごろは外で講演や会議が沢山あって、人と話すことの多い私ですが、町内の話題にはとんと疎くなってきました。妻は近所の歯医者さんにパートで勤めているため、患者さんから教えてもらう町内の話題が豊富で、時には「うそー、本当?」と驚くような話題を持ち込んでくるのです。しかしこうした妻が持ち込む地元の話題も、妻が仕事を辞めれば入らなくなるし、私だって今は全国を飛び歩いているからいいようなものの、そのうち完全にリタイアすると二人だけの暮らしはどこか寂しく、どこか不安なのです。

 先日、愛媛大学農学部へ授業の打ち合わせで行った折、少し時間があったので知人の奥村さん宅へ立ち寄りました。奥村さんは県庁の管財課長から県公連の事務局長になった方です。県公連の事務局が県庁本館の一階にあったころ、初めて奥村さんに出会いました。それ以来県公連を退職するまで様々な活動をご一緒し、退職後も野趣味のある奥村さんの家にお邪魔して趣味の世界を共有したものでした。ウバメガシの生垣に囲まれた家は見覚えのある家とはいいながら、交通量も多く近くのスーパーへ車を止めさせてもらい歩いて行きましたが、横断するのに四苦八苦でした。玄関先でチャイムを鳴らしましたが、人の気配はするのに中々出てきません。これも年寄りの家の特徴と思いつつ立っていると、やっと中からご夫婦が出てきました。聞けば奥村さんは94歳、奥さんは91歳とか、それでも矍鑠として私の面談にも昔と同じ会話が弾みました。奥村さんは時ならぬ私の訪問を大層喜んでいただきました。奥マラさんの家の玄関には天井に無数のひょうたんが吊り下げられ、民具がそこら辺いっぱいに置いてありました。その中から自分が作った昔で言うチャイムの代わりでしょうか、榎の切り株で造ったという鯉をあしらった拍子木をいただきました。


 「この歳になると人恋しい気持ちになる」と偽らざる心を吐露されました。私のことは新聞やテレビで時折見かけるので、その度に夫婦の会話が弾んで、頼もしく思うのだとも付け加えられ、いつもながらの心の援助に頭が下がる思いでお暇をしました。その姿を見ながら夫婦は一緒に長生きをしなければならないと思いました。そして奥さんと同じ大正7年生まれの親父のことを思いました。親父はもう連れ添いをなくしているので一人暮らしです。多分一人暮らしの寂しさがあるのだろうとも思いました。

 私たち夫婦も、近々同居したいという息子夫婦の申し出を快く受けて、三世代同居の家を目指す予定ですが、妻は結婚以来忙しくも賑やかだったので、少しの間夫婦だけの静かな暮らしがしたいといっていますが、もうそろそろ賑やかさが恋しくなる頃です。家族とはやはりわいわいガヤガヤすることの方が楽しいことに気づいています。一昨晩息子夫婦が孫を連れてきただけで家じゅうがパッと明るくなりました。家族とはそういうものなのです。


  「夫婦だけ 気がつきゃ 会話単調で 単語並べて 一日終わる」

  「あのような 夫婦でいたい 垣間見た はてさて俺ら なれるだろうか?」

  「犬猫を 飼って会話の 家増えた 家族少なく やむにやまれず」

  「もし俺が 一人になったら どうしよう とてもじゃないが 生きて行けぬわ」

 

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。