shin-1さんの日記

○高知へ行くんですって

 昨晩は間近に迫った氏神様改修工事完成祝賀会の打ち合わせ役員会が社務所であり出かけました。かなりの難産だっただけに今はホッとしています。帰って遅い夕食を食べていると、高知県西土佐の和田さんから電話が入って来ました。西土佐村は中村市と合併し今は四万十市になっていますが、村そのものやそこに住む人たちとは長い付き合いが今も続いているのです。和田さんとは兄弟のように付き合ってきた間柄で、先日も県境に接しているため隣町松野町の芝さんが誘ってくれて大分県佐賀関への旅をご一緒しました。

 和田さんには「修三」なんて呼び捨て言葉が通じるほどの深い関係で、和田さんも私に敬愛をこめて「進ちゃん」と呼んでくれ今日まで親しく付き合ってきました。

 昨日はどういう風の吹き回しか、少しほろ酔い機嫌での電話です。酒を飲まなくなって久しい私に酒飲み土佐人からの電話です。佐賀関での私の痩せた体を思い出したのか、私の体の心配をしてくれました。また先日私のブログに先祖のルーツを書いたのですが、彼から同感のコメントが書き込み欄に入っていて、そのことにも触れながら「親父とは一体何ものなのか」議論を交わしました。

 「ところで若松さん、明日は高知県へ行くんですって」と唐突に話が切り替わりました。「えっ、何で知っているの」問い返すと、高知新聞の催し欄に「観光カリスマ若松さん高知に来る」という予告記事が載っていたのを目敏く見つけたそうです。そういえば西土佐は県境に近いため愛媛県のテレビ局が写ったり愛媛新聞をよく見るのだそうです。したがって私たちの行動は良く知られているようなのです。

 私もすかさず「明日は高知県馬路村の木下君がそちらへ行くそうなので宜しく」と返したら、やはり私と同じ驚いた様子で「えっ何で知ってるの」でした。木下君とは深いご縁が出来て8月に行く予定が台風5号で流れたこと、9月の週末に西土佐を訪ねることなど、逐一情報が入っているのです。世の中情報を共有すると面白いものです。

 私は今日高知県春野町へ出かけます。私の場合も馬路村の木下君と同じで7月14日に春野町へ行く予定だったのに台風4号の襲来で延期になっているのです。和田さんは「春野が終わってから西土佐で合流しませんか」と酒の勢いで提案がありました。とんでもない話です。私が講演が終わり交流会が終わる頃は夜なのです。そんな時間に太平洋沿岸を四万十川河口まで行き、更に上流域まで遡るにはかなりの距離と時間が必要です。さすが高知県人言うことも太いと思いながらご遠慮しました。今宵は西土佐で私の話を肴に楽しい酒宴が繰り広げられることでしょう。危ない危ない。

  「今日高知 行くんですって 唐突に 酔った友人 電話で知らせ」

  「ああ今日も 片道百キロ 以上旅 高知は遠い 心は近い」

  「高知人 頭に浮かぶ どの顔も 酒飲む笑顔 同じなりけり」

  「会う人が 指で数えも 出来ぬ程 いると思うと ついつい嬉し」 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。