shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年9月28日

○二つの情報誌

 今日は朝から電話が鳴りっぱなしで、西条市で開かれる消費者講座の講師を頼まれ玄関を出ようとすると、家の電話が係り、終わったと思ったら又電話で、結局出発が30分も遅れてしまいました。その原因は今朝の愛媛新聞15面から21面の7面を使ってWEBサイト「シニア世代に向けて情報発信「自悠くらぶ」という特集が組まれました。この立ち上げにはパソコンのことなど分らぬド素人の私が少しのアドバイスをしたものですから、行きががり上今後の運営のお手伝いをしなければならなくなってしまったのです。

 見出しのリード文には次のような言葉が添えられていました。

(愛媛新聞特集記事掲載紙面)

 アクティブに、心豊かに生きたい。団塊の世代をはじめ、仕事や家庭以外に新たな生きがいを持ち、「第二の人生」を楽しもうとするシニア層が増えています。こうした人を応援しようと、愛媛新聞社は26日、WEBサイト「自悠くらぶ」をスタートさせました。健康や趣味、資産運用など各分野の専門家が「案内人」となり、旬の話題を分りやすく伝えていきます。

 本特集はそのオープン記念として、WEBサイトの内容を紹介します。「案内人」9人の人柄やこだわりもクローズアップ、WEBサイトと新聞紙面をリンクさせながら、共通の話題で集い、楽しみ方を提案し合うコミュニティ空間として盛り上げていきます。

 この紙面は愛媛新聞WEBサイト「自悠くらぶ」とリンクしています。

                       http://www.jiyu-club.com/

 自悠くらぶは、旅・巡・音・感・味・財・住・健の8ジャンルに分かれています。様々な分野で活躍する「案内人」が、旅や音楽といった趣味を楽しむコツ、田舎暮しの魅力、住まいづくりのポイントなど、シニア世代に向けた情報を随時発信しています。

 まあざっとこんな内容です。20面・21面には私が紹介するその道の達人清水和繁さん、真鍋明さん、西川則孝さん、徳永栄一さんが登場しています。内容は上のWEBサイトで詳しく見てください。

?(舞たうん94号に掲載されたshin-1さんの日記Vol.2の記載ページ)

 もう一つ、今日はえひめ地域政策研究センターの松本研究員が編集長を務めた10月号の舞たうんが発刊になりました。舞たうんの編集長は毎回当番で研究員が当るのですが、今春センターに出向した松本研究員にとっては初めての経験だけに、右往左往や心配の連続だったと思われます。前回の清水編集長こだわりの食育がテーマの舞たうんの出来が良かっただけに、心配していましたが、どうにか及第点がつきそうです。

 この舞たうんにも前号からブログ風連載を始めているものですから、今回の学校というテーマに相応しい原稿を書こうと頑張りましたが、残念ながら私の原稿は相変わらずの拙文です。これからもしっかり文字の世界で実力をつけたいと日々努力しています。ご指導を・・・・・・。

  「新聞を 読んだ見たよと 電話来る 玄関先で 右往左往と」

  「新聞も インターネットも 力あり 寝てる間に 県下各地へ」

  「忙しく なること承知 引き受ける まるでエッセイ 書く人みたい」

  「お父さん 程ほどしないと 又病気 なっても私 知りませんから」


[ この記事をシェアする ]