shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年12月20日

〇私の10大ニュース

年賀状を作る都合があって、私の10大ニュースを2008年Writing Calendarをめくりながら拾い出してみました。

 ●2月20日  県政発足記念の県政功労者として栄えある表彰を受けました。これまでにも色々な賞をいただき

          ましたが、もうこれが最後かもしれませn。

 ●3月7日   この一年で一番遠い秋田県能代市へ講演に出かけました。この一年100回を超す講演を行いま 

          した。


 ●4月12日  21世紀えひめニューフロンティアグループ(私が代表主宰)の研修旅行で世界遺産熊野古道を

          旅しました。グループでは今後も世界遺産を巡る旅を続けたいと意気込んでいます。

 ●6月13日  長年の恩人である奉仕財団の関会長さんが藤原さんとともに人間牧場へ来牧されて見学し、旧 

          交を温めていただきました。

 ●6月29日  シーサイド公園が恋人の聖地百選に認定され、記念イベントとして結婚式などを開催したり、モニ 

          ュメントを設置したりしました。

 ●8月23日  はからずも愛媛海区漁業調整委員会委員に選任され、今後4年間漁業振興のお手伝いをするこ

          とになりました。

 ●10月18日 第10回総理府派遣青年の船班長会が私が主宰し松山市で開きました。31年前太平洋をにっぽん  

          丸で航海し建国200年のアメリカへ行った懐かしい思い出が蘇ってきました。

 ●11月13日 地域づくり団体全国研修交流会愛媛県大会が宇和島市を主会場に県下15会場で開かれました。

          大会の実行委員長を務めました。第15分科会を双海でも開きました。

 ●11月1日  島根県松江市で全国夕日サミットが開かれ、私が基調講演とパネラーの重責を務めました。

 ●12月9日  年輪塾ネットが44名参加のもとスタートしました。来春にはオープンセミナーも開塾する予定で

          です。


 こうしてみると今年も色々なことがありました。叔父である親父の弟も4月に亡くなり寂しい限りですが、来年5月には長男の第2子が誕生予定など明るい話題もあり悲喜こもごもの若松家です。大海を泳ぐマグロのように人間は社会と時代の荒波を泳ぎ続けなければなりません。来年もいい青春の履歴書が書き込まれるよう自分自身に言い聞かせています。

  「俺流の 十大ニュースを 拾い出す 今年も色々 明暗あった」

  「『そういえば』 そんな言葉で 過去となる 二度と帰らぬ 今年一年」

  「年輪に 例えるならば 一刻み しれたものだな たかが一年」

  「今が過去 明日が過去に 早変わり うかうかすると 人生全て」