shin-1さんの日記

〇焼鳥が少々腹に堪えました

 私は菜食主義ではないのですが、数年前に胆のう摘出手術をしたため毎日の食事から油ものが極端に減りました。特に肉類は元々余り好きではなかったので、魚はよく食べますが肉類は殆ど食べません。ところが昨日は愛媛大学法文学部で講義を終え、同じ大学でも学部の違う農学部での打ち合わせ会に出席するため農学部キャンバスへ夕方立ち寄りました。

 学部長室では既に打ち合わせが始まっていて、関係者や先生方が難しい話をしていました。途中で入ったためチンプンカンプンでしたが、先日事前打ち合わせをしていたので、何となく分かったような顔をして座っていました。芳之内さんや森賀さん、森本さんなどかつての仲間も、今回のプロジェクトに参加するべく顔をそろえていて幾分安心しました。何よりも嬉しかったのは泉学部長さんの元気な姿に出会ったことです。やがて会合も終わり午後6時に閉会しました。

 この日は大学の前の焼鳥屋でちょいと一杯という算段が出来ていたらしく、誘われるままに店の暖簾をくぐりました。愛媛大学農学部といえば郊外です。夜は人通りもないような場所なのに、やはり大学があるコバンザメ商法とでもいうのでしょうか、こんな田舎に2~3軒の飲食店がありました。

 途中から総務課長さんや担当の女性職員も加わって賑やかな小宴会となりました。当然出されてくる料理は焼鳥です。肉といっても鳥ですがそれでもやき鳥は脂身が多く、私はもっぱら酢醤油のかかったキャベツをお替りして2皿も食べてしまいました。そういえば昨日は「忙し過ぎて昼御飯を食べなかった」ことを思い出し、急に腹が空いていることを思い出しました。そうすると不思議なもので次々出てくる熱々の焼鳥に手が出て5~6本を平らげました。それにして森賀さんたちの会話には圧倒されてしまいました。明くる日は朝から香川県高松市で開かれる会合に出席する予定があるので、早々にお暇して店を出て帰宅の途につきました。

 家に帰ると、妻が食事をせずに待っていてくれました。ご飯を食べていなかったので軽くお茶ずけ程度の夕食を食べたので満腹です。明くる日の準備をして風呂に入り12時ころ床につきましたが、焼鳥が腹につかえて寝付けない夜を過ごしました。やはり私の体はいつの間にか菜食になっていたようです。

 今日は列車で松山~高松間を往復するので、列車の中で寝不足分を補ってゆっくりのんびりしたいと思っていますが、高松での会合は約2時間、会合が終わると引き返し、今晩は先日開かれた全国地域づくり団体交流研修大会の地元反省会があるので遅くなるようです。

 行く機会、行く場所もよくあるものよと自分自身を納得させながら、今日も元気にこれから家を出るところです。


  「肉を食べ 腹の調子が 少し変 寝れない夜で 少し眠たい」

  「今日もまた 旅に出ますと 書きこんで 列車の旅を 居眠りしつつ」

  「酒飲みの 前に座って ウーロン茶 飲むほど変わる 人を観察」

  「これからは この道沿いが 懐かしく なるかも知れぬ 大学の前」


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。