shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年12月9日

〇人間は何時間寝るのが適当か
 今朝私の親父の隠居へ出かけました。90歳になる親父は初冬の寒さで活動が制限されているため、最近少し元気がないようですが、それでも昨日は夏から秋までわが家の食卓を賑わせていたピーマンとシシトウの茎を引き抜き、後を綺麗に整地していつでも何でも植えれるように耕してくれていました。冬場の仕事として部屋の中で夢中になってできる何かを探してやりたいと思っています。
 その親父が今朝は「昨夜は余り眠られなかった」とこぼすのです。親父に「昨晩は何時に寝たのか」聞いてみると、「午後7時に寝た」というのです。普通なら大笑いなほど寝ているのですから、朝早く目が覚めるのは当然なことなのです。「じいちゃん、そんなに早くから寝るから朝早く目が覚めるのよ」というと、「それでも夜は何にもすることがない」とまた減らず口をたたくのです。「まあ寝れなくて死んだ人ははいないから」と小声で言って隠居を後にしました。
 私の場合は夜12時寝ます。朝は4時に起床します。ですから私の睡眠時間は一日4時間なのです。同じ屋根の下に住んでいる妻は寝るのは11時ころです。起きるのは6時ころです。つまり妻は毎日7時間寝ているので毎日私より3時間余分に寝ています。ということは一年で私より1095時間も睡眠時間が多いのです。妻いわく「私は働いているのでこれぐらい寝ないと体が持たない」と・・・。じゃあ「私働いていないのか」と言ってやりたい心境です。
 人間の暮らしは3分の1論が最も多いようです。8時間寝て、8時間働いて、8時間が自由時間だそうで、そのことは学校でも教わりました。でも私の睡眠が4時間で少ないのなら毎日4時間も府やんさなければなりません。妻がいつも私に言っているように、「若い時に寝てない、つまり睡眠時間が少ない人は歳をとると寝たっきりになって帳尻が合うのだ」そうです。じゃあ近所の寝たきりのおばあさんは若いころから余り寝なかったかそこの息子さんに聞いてみると、そんなことはなかったと述懐しますから、これも一概には言えないことのようです。

 今日いっぷく亭でその話をした後、皆さんに手を挙げてもらったら、7時間睡眠の方が殆どでした。「あなたたちは毎日7時間も寝たら目が腐るぞな」といって、大笑いをしました。
 睡眠をたっぷりとれることは精神的に安定しているからだとよく言われます。それもそのはず、何か悩みがあったらそのことが気になってなかなか眠れないものなおです。妻など友人と一泊泊りの旅行に行く前日の夜などは興奮して眠れないのかいつまでも起きていて、肝心の出発間近や旅行先で、酔い止め薬の効果も手伝って寝ながら旅を続けているよなもので、帰ってからも友人と夜遅くまで他愛のない話に花が咲いて夜更かし、結局は寝不足のままで帰ってきて、「アー疲れた」とあらわもない姿でくつろぎ「やっぱり家が、やっぱりあなたの横が一番だわ」とすり寄って?くるのです。
 人間は自分に合った睡眠時間をつかむことが大事です。私の場合たとえ短い睡眠時間であっても、寝つきは早く、床に入って5分もすれば夢ごこちなのです。また旅先など関係なくどこででも寝れるのも嬉しいことです。夜は朝のため、一日のためにある」とは若松進一の言葉です。一年で一番夜が長い時期です。自分の生活のリズムに合わせてたっぷりと睡眠をとりましょう。

  「睡眠は どれ程とれば いいのかな 私の場合 たった四時間」
  「妻などは 俺より先に 寝るくせに 起きるの遅い 随分違うな」
  「殆どの 人が毎日八時間、つまり人生 三つ一程度 寝てる計算」
  「寝不足は 寝たきりになる もっと寝て いつも言われて 早く四十年余」 
 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. kazu

    SECRET: 0
    PASS:
    雨のなか いっぷく亭にお越しいただきまして
    有難うございました。 宇和島の友達もすごい人だね~と感心していました。人間牧場へ行く時は
    ぜひ誘ってねと・・・頼まれました。これからも
    よろしくお願い致します 

コメントは停止中です。