shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年3月26日

○カーナビゲーション設備が故障

 数日前、妻が孫を連れてドラえもんの映画を見に行くというので、重信の映画館にアクセスしようと電話番号検索でカーナビをセットしましたが、どういう訳か言う事を聞いてくれません。仕方がないので感を頼りに出かけて行きましたが、どうにか開演時間に間に合ったようでした。その後も私が再三再四いじくるけれど、データが入力できないと表示があるのみです。どうやら故障かなと思い、カーナビを設置してもらった砥部町の懇意な車屋さんに出かけましたが、ご主人はあいにく留守で、昨日代車を持って来て車ごと取って帰ってもらいました。

 今朝電話があって、どうやら修理するにはカーナビ本体を取り外し、メーカーに送らねば修理は出来ないというのです。取り付けてから5年以上も経っているので、その後のカーナビの性能は著しく向上しているので、修理より取り替えた方がいいような口ぶりでしたが、愛着のある機種だけに今回は修理を頼んだのです。車屋さんの話によると、修理には2週間ほどかかるらしく、住所を探す自家用車での旅も今のところないことから、また代車を戻して、これから2週間カーナビのない不便な生活が始まるのです。

 カーナビを取り付けてから、私の講演活動などは一変しました。時間を追うように忙しく動き回る私にとってカーナビはまさに百人力で、時間的なロスが殆どないのです。特にカーナビを取り付けてよかったと思うのは、夜間知らない道を走行するときです。私が車で行く場所は中国四国、九州の主に山間地や漁村など田舎が多く、夜ともなると聞く人とて殆どないような場所が多いのです。ましてや田舎の道は道路標識も殆どなく、また県道や市町村道となるとまるで迷路のようで、間違いなく走れるのが不思議なほどなのです。そのためカーナビには随分助けられました。取り付け金額が幾らだったか覚えてはいませんが、もう充分に元は取ったようです。

 最近5歳になる孫の朋樹がカーナビに興味を示し、用事もないのに遠隔操作でいじりまくるのです。それでも壊れないから大目に見ていましたが、これからは触らせないようにしないといけないと、車屋さんに笑って話しをすると、「それもお孫さんへの投資ですよ」と笑われました。

 今回の修理で予期せぬ出費がかかりますが、ついでにETCを取り付けようと思っています。私は愛媛県の金融広報委員会で金融広報アドバイザーをしていますが、カードでの決済は殆どしない暮らしをしています。ゆえにETCの導入は今まで躊躇していましたが、便利、安いとなると取り付けない訳にはいかず、ついに思い切って取り付ける事にしたのです。

 カード決済は確かに便利です。現金を持たずとも買い物も出来るし海外旅行だって平気です。でもどこか好きになれない私はやはり古いタイプの人間なのでしょう。偽装カードの心配も、カードでのトラブルもないのですから、これほど確かなことはありませんが、カード時代に乗り遅れた人間にとっては何とも複雑な気持ちです。

 カーナビが復旧するのを首を長くして待っているのは私だけでなく、妻も同じです。カーナビを利用して八十八ヵ所遍路旅をこれまで10年間もかかってやってきました。納経帳は既に全てのお寺を終わっていますが、掛け軸がまだ少し残っています。早く終わらせて高野山参りをしたいと思っていて、この春先から楽しみにしていたようで、出鼻を挫かれたカーナビの故障に、身も心も沈みがちなので、一日も早い回復を祈りたいと思っています。

  「カーナビの 声に諭され 間違わず 知らない道を 随分走る」

  「ついでにと 注文したが ETC 何の略語か とんと分らず」

  「お遍路も カーナビお陰 喧嘩減り 後は高野へ お参り行くのみ」

  「右曲がれ 左へ曲がれ その都度に まるで空から 私を監視」