shin-1さんの日記

○サツマイモの種芋を伏せました

 「命のリレー」なんて格好いいことをテーマにサツマイモをつくり始めて2年が経ちましたが、一年目はイノシシの被害に遭って全滅、昨年は予想以上の収穫だったけれど種芋の確保がほとんど出来ず、今年3年目に突入です。生涯学習の一環として人間牧場で始めた野外活動体験事業ですが、しみじみ「いいことと出来ることは違う」事を実感している今日この頃です。

 昨年の12月から始めた命のリレーのための土作りも一見順調そうに見えて大変な重労働で、子どもたちは結局のところ土作り講習会だけの参加になってしまいました。息子に手伝ってもらって人間牧場の畑の隅に穴を掘り、ベニヤ板で囲い場を作って落ち葉を集め、油粕や米糠を入れる作業もかなり重労働で、腰を痛めぎっくり腰になってしまったり、その後の切り替えしなどの作業は殆ど私一人がやりました。それでも大洲市田処の亀本さんが牛糞や豚糞をわざわざトラックで運んでくれたり、バイオマスペレット事業の県補助金をいただいて牛糞ペレットを貰ったり、そこそこの援助があって、どうにか今日を迎えました。


 外気温度が温かくなり寒さも峠を超えたようなので、先日ビニール掛けを終えたため今日は何が何でも種芋を伏せたいと意気込んで準備を進めました。まず種芋の確保です。子どもたちは種芋を残さず殆どを食べてしまったので、私の分け前である3個をわが家で段ボール箱に籾殻を入れ部屋の中で大切に保管していました。これでけではどうしようもないので、今朝早く田舎のオープンカーで伊予市の青果市場へ行ってサツマイモの種を購入しました。一箱に30個入って2200円ですから、1個73円とかなり高価な芋です。段ボール箱に書かれた銘柄は鳴門金時「里むすめ」だそうで味は見るからによさそうです。

 今日は朝から天気がいいとテレビの天気予報ではいっていましたが、私が人間牧場へ上がった頃には早くも小雨が落ち始めました。急いでハウスのビニールを剥がして中に鍬で筋をつけ、植える場所の目安にしました。そして種芋を外から植え付け予定の場所に投げ入れ、自分も囲い場に入って、一つ一つ丁寧にスコップで穴を掘って植え付け、土を被せて行きました。最後はビニールを元に戻して出来上がりです。


 近所の農家の奥さんがお墓参りに来ていて、私の農作業の様子を見ながら、世間話しをしました。奥さんが「ここはやまぜ(南西の風)が強く吹く所だから、ビニールが飛ばないようにしっかりと固定しなさい」とアドバイスをしてくれました。早速端材を寄せ集めてあちらこちらに釘でこれでもかといわんばかりに打ちつけました。多分この奥さんは農業を生業としているので私のやってることが、お遊びのように感じたのかもしれないのです。

 よくいわれる言葉ですが、儲けなければならない農業はそれなりの苦労が伴います。しかし儲けなくても良い農業は実に楽しいものなのです。もしこの種芋から芽が出なかったら、お百姓さんの場合は死活問題です。ところが私たちのようなえせ百姓はたとえ芽が出なくても、その時期にイモヅル苗を買えばいいのです。2200円の投資は被らなければなりませんが、まあ首をくくるような責任問題にはならず、むしろ失敗の体験として、それなりの評価は残るのです。

 子どもたちが考えた命のリレーは果たして上手く行くのかどうか、今のところ半信半疑、五分五分といったところでしょうか。

  「芋の種 植えはしたもの 芽が出るか 五分五分半疑 自信が持てず」

  「里むすめ 名前がいいね 種芋の 食べたいような いい顔してる」

  「ビニールで まるで封印 苗床を ワクワクしつつ 金槌の音」

  「何しても ひと筋縄では いかぬもの ツルの高さを 今頃実感」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。