shin-1さんの日記

○便利な世の中

 9月に入ってからも日中は30度を越す残暑が続いていますが、朝夕は少し秋の気配が感じられるようになってきました。そのせいでしょうか秋どれの煮干しがボツボツ上がり始め、漁協に頼んでいた煮干しが今朝家に届きました。毎年山の町に住む人を中心に、この煮干しを心待ちにしている知人友人もいて、今朝からその宛名書きや発送におおわらわでした。何せ宛名を取り出すのに一苦労です。名刺を繰ったり住所録を調べながら探すのですが、日ごろ整理整頓が出来ていないこともあって、30人の名前を書き上げるのに朝から昼までかかってしまいました。それでも送る相手の顔や名前や思い出を蘇らせながら作成しました。どうしても分らなかった2人の名前はインターネットで見つけられて事なきを得ました。便利な世の中になったとしみじみ思いながら郵便局から発送しました。明日明後日にはそれぞれの場所に届くことでしょう。

 世の中を見渡すと、いつの間にかこのように便利なものが身近なところに溢れています。携帯電話やEメールさえあれば何処にいても、自分の好きなときにいつでも誰とでも連絡が取れるようになりました。また全国各地には24時間営業のファミリーレストランやコンビニエンスストアーがあって、今では銀行のATMまで付いているのですから、かゆい所に手が届くような便利さの中に生きているのです。

 しかしこんな便利さの中で忘れされれたり失っているものも少なくはないのです。ファミリーレストランやファストフードの普及によって、私たちは外食を食べたり電子レンジでチンさえすればいつでも困ることなく食にありつけるのですが、一方で家庭での食事が疎かになり、地産池消などとは程と多い不健康なものを食べる習慣が見に付いてしまっているのです。また郊外には24時間営業のコンビニエンスストアーや安売りの大型店が出店し、地元の電気屋さん、酒屋さん、金物屋さんは立ち入って行かなくなり、商店街がシャッター通りになった話は全国いたるところで話題に上っているのです。まさに表を立てれば裏が立たずでしょう。

 車を運転しても、80キロの制限速度を守って走る私の車を100キロを越えるスピードで軽々と追い越して行く車が沢山います。「狭い日本、そんなに急いで何処へ行く」と言いたいスピードの代償として高い高速道路料金を払い、挙句の果ては僅か15分の速さのために大きな事故を起してしまうのです。

 今や私たちの暮しは「早い」安い」「便利」というのがキーワードとなり、麻痺さえするようになりました。忙しいという字は「心を亡くす」と書くのですが、豊かさや便利さの代償として「相手を思いやる心」が消えてしまったように思います。昨日の運動会のテントの下で昼食を取る何組かの親子を見てガックリしました。車座の真ん中にあるのは、お母さん手づくりの弁当ではなく、弁当屋で買い求めた弁当でした。確かに見た目には豪華で、色合いも申し分ないのですが、果たして子どもたちはこんな弁当を喜んで食べるのでしょうか。愛情はお金で買えないといいますが、愛情を金で買う時代となりました。親子や家族の側に忍び寄る暗い影や吹き抜ける隙間風に早く気付かないと手遅れになるかもしれませんね。

  「コンビニの 弁当広げる 運動会 親の顔指 まるで女優だ」

  「商店街 まるで気抜けの ビールのよう 時代進んで 時代遅れだ」

  「百キロを 越えるスピード 軽々と 何処へ行くのか そんなに急ぎ」

  「ブログ見た? メール届いた? チンプンカン やらない人には 浦島太郎だ」

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。