shin-1さんの日記

○東屋やっと完成

 10日ほど前から始めていた日曜大工による東屋の工事がやっと完成しました。今日は朝から西村ジョイへ材料を買いにトラックで親父と二人出かけました。この店は材木も品揃えが豊富で親父と行くのは3度目ですが店の広さに目をパチクリさせながらお目当ての材料を購入しました。この東屋工事は親父が殆ど資金を出してくれましたが、ウッドデッキの材料や防腐剤などの一部は私の出費です。酒も飲まない私ですのでそんなに腹が痛むほどの出費ではないにしても、今月は妻の誕生日などで出費がかさみ、小遣いも底を付きかけているのです。

 今日の作業は貯水タンクを改造した地下室の蓋作りと地下室の掃除です。親父は持ち前の器用な腕で蓋作りに挑戦しましたので、私は地下室に入って中腰で掃除をしました。腰の具合が思わしくない私にとってはこれが中々の重労働で、埃まみれになり汗びっしょりです。最近まで水を貯めて池にしていたので綺麗に洗って乾かしたつもりでも乾燥するとコケ類がびっしり付着し浮かび上がっているのです。最初はボウズリで擦っていましたが一向にらちが明かないので、思い切ってトタンの切れ端で擦りました。よく落ちるのは良いのですが今度は粉塵が立ち込めて、それが汗とくっついて体中泥まみれになりました。最後が箒でかき集め掃除機で吸い取り1時間余りの作業を終えました。

 親父の作った地下室の蓋も立派なもので、後は地下室内の壁側に木製のスノコを作って敷けば色々なものが収納できるのです。さてこの地下室に何を入れればよいのか考えてみました。当面は今年大豊作で大量に作った梅干しの瓶を収納したいと思っています。何せ今年だけでも10本の容器瓶があるのですから、何とかしなければなりません。都合のいい事に来週末には母親の七回忌が控えていて、妻は折に触れ家の片づけを始めたばかりなので、多分賛同するでしょう。更に来年からもし梅が沢山出来たら梅酒も貯蔵したいと思っています。今年度はとりあえず水平線の家へ貯蔵しているのですが、これ幸いで地下室へ移動したいと考えています。

 僅か10日ほどで親父と私の合作日曜大工仕事は無事終わりました。今は戸外では日中30度くらいまで気温が上がり、新設した東屋の下は別天地です。ここに背もたれ椅子を置いて涼みながら瞑想にふけるのもまた乙なものでしょう。まもなく中秋の名月がやって来ますが、出来れば風情も楽しみたいものです。

 昨日気がついたのですが、私設公民館煙会所の南側には濡れ縁があり、東屋との間は人が一人やっと通れる通路になっています。煙会所の濡れ縁から東屋屋内ウッドデッキへは一跨ぎできるのです。これは便利で、煙会所と一体的な使い方が出来るのです。ラッキーとばかりに何度も煙会所とウッドデッキの間を飛び越えてみました。面白いです。

  「親子にて 日曜大工の 東屋が ついに完成 器用なもんだ」

  「濡れ縁を 飛び越えデッキ 使えるね 囲炉裏の部屋が 更に大きく」

  「地下室が 出来て梅干し 収納す 既にスノコを 作りし親父」

  「昔なら 坂本龍馬 かくまえリ 地下室今は 梅干し小屋に」


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。