shin-1さんの日記

○夢を実現するためのサイクルって

 昨日人間牧場で開いた商工会女性部の研修会に参加した人からインターネットのメールで、私の話に対する感想が寄せられました。要約すると次の通りです。

 「あなたの話には必ず親父ギャグのような笑いの落ちが付いていて思わず笑ってしまいました。とても楽しいお話でした。わたしもあんなに楽しく話せたらどんなにいいかと、あなたが羨ましくなりました。でもよくよく考えてみると夢を実現するにはそれ相応の人に言われる努力がいるのですね。イチローさんの話納得でした。天才バッターといわれるイチローさんでさえ100回打席に立っても35回しか打てず65回は失敗していると思うと失敗なんか恐れていては何も出来ないということですね。

 昨日の話しでは失敗や反対を乗り越えて様々な成果を出された苦労話を聞きました。[夢を実現するためのサイクル]を伝授して欲しいのですが、宜しくお願いします」  ○川×子

 このメールを貰ってはたと困りました。だって私にはそんな秘伝など何もなくただがむしゃらにやって来ただけなのです。そう思いつつ何か考えなければなるまいと考えてみましたが、浅はかな知恵ではいい考えも浮かばず、ギブアップしてしまいました。

 思うに夢を実現するサイクルを言い表して妙な言葉があります。ポール・J・マイヤーの「鮮やかに想像し 熱烈に望み 心から信じ 魂を込めた熱意を持って行動すれば 何事もついには実現する」という言葉なのです。その繰り返しが夢を実現するためのサイクルであるような気がするのです。しかしこの言葉では説明できない部分もあって、私流に考えてみました。

 鮮やかに想像するというのは意識やイメージを頭や心に描くことです。それらは目に見えない部分ですから自分にも周りの人にも残念ながら見えることはないのです。ここでその意識やイメージを絵や言葉に表現してみる作業が必要になってきます。言葉にしたり目に見えるようにすると全体像がはっきりとしてきて、熱烈に望むようになります。その次の作業がまた必要になってきます。それを手に入れるための計画づくりです。どんな人と何を使って何を手に入れたいのか、必要な費用と時間、関係調整など様々なラインとスタッフが組まれます。そこに信念が生まれ行動という次の作業に取り掛かるのです。

 やがて行動から生まれた成果と問題点が反省評価され次の夢やイメージへとサイクルが回るようになるのです。サイクルですからどの部分が欠落して回転は続かず、遠心力を増すようにはならないのです。私自身が手掛けた夕日も鮮やかに想像するまでに気付きの部分で随分苦労しました。自分で気付かないのに私の潜在能力の中にある夕日に気付かせてくれたのは外部の人でした。そして全国を旅して色々な地域の夕日を見る事によって鮮やかに想像するようになったのです。

ポール・J・マイヤーの言葉の欠落部分をサイクルに組み込んだのですから、これは大変な仕事でした。でもそういうサイクルの一つ一つの部品をしっかりと揃える作業が功を奏し、自称日本一の夕日となったのです。

 夢を実現するサイクルは、継続して習慣化するというもう一つの工夫が必要である事を付け加えておきます。あなたも挑戦してみてください。メールが届いた女性にこのような事をメールにしたためて発信しました。

  「成功と いえるかどうか 分らぬが 俺はこうした メールで発信」

  「牧場で 講演聞いて メールする 奇特な人が いればいるもの」

  「四十人 中の一人で 上出来だ 心に響く 話の成果」

  「成功は 本を読んでも 出来はせぬ 結局自分 やるしかないな」 

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。