shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年9月10日

○木になるカバンのライバル現る

 一昨日私に届いた封書の中に長野県木曽町役場企画調整課大目富美雄さんから届いた一通がありました。封を切ると中から木曽市民タイムスというタブロイド版32ページの新聞が出てきました。その新聞のトップ記事に今年の夏高知県馬路村で行われた全国地域づくり大交流会で知り合った木曽町の大目さんが出ているのです。注目すべきはその内容です。「木曽ヒノキ使いアタッシュケース」「持ち歩いて林業、観光PR」という大見出しに詳しい記事が載っていました。

 木曽町役場の企画調整課長補佐・大目富美雄さん(50)はこのほど、王滝村の王滝木材加工組合に依頼して木曽ヒノキ製のアタッシュケースを作った。一部の部品を除いてすべて木曽ヒノキの天然木使われている特注品で、大目さんはこのケースを持ち歩いて県内外で開かれる会合などに出席して木曽の自然や林業、木工業の魅力をPRする考えだ。とリード文が書かれています。

 本文はアタッシュケースは縦31センチ、横41センチ、厚さ9センチの角形で、重さは1.5キロある。中の深さは5センチで、取っ手も木製だ。木でない部分は、ふたの口金とちょうつがい、底部を保護するゴムだけだ。大目さんは、6月に高知県安芸郡馬路村で開かれた「全国まちづくり大交流会」に出席した際、講師として出席した若松進一さん=愛媛県伊予市双海町が持ち歩いていたスギ製のケースに注目した。「こんなケースがあれば木曽の林業や観光をPRできる」と考えた。

 しかし、木曽郡内で製造する業者はなく、6月下旬に王滝村木材加工企業組合工場長で知人の畑中盛人(48)

ー木曽町開田高原末川=に依頼した。一からの設計で、コストは一個4万6千円とかかったが、畑中さんは「人工林ヒノキなど他の木をうまく使えばコストをもっと下げられると話す。大目さんは、ケースの中に木曽郡内で作られているヒノキ製のうちわや名刺、はがきなどを入れて各地で宣伝する予定でいる。「このケースを見た人が、木曽に興味を持ってくれれば」と願っている。で結ばれています。

 いやあ驚きました。私はこの木になるカバンを提げてもう20年も全国を行脚していますが、「このカバンいいねえ」と感心する人に沢山出会ったし、木材産地に殴り込みをかけたつもりで話しても産地の人は関心は示すものの一向に動かなかったのです。

 大目さんの行動は一種のパクリですが、いいことは真似をして行動するまちづくりの鉄則は十分伝わってくるのです。大目さんは今日から私の仲間であると同時に強力なライバルなのです。全国に名だたる木曽ヒノキの産地ですから木の話は山ほどあるでしょうし、私など太刀打ちできません。でも私にはオンリーワンの20年間も使い古した木になるカバンがあるのですから、自信を持って生きて行きたいと思います。

 大目さんに招かれて11月1日には木曽町へ講演に出かける予定です。その時は是非大目さん自慢のカバンと面会したいと思っています。出来れば市民タイムスにもカバンの出会いをメモ程度に・・・・・・。

  「世の中は 直ぐにやる人 やらぬ人 色々いるが やった方勝ち」

  「強力な 木曽のライバル 現れる 嬉し恥かし 使い古しで」

  「只者じゃ ないなと直感 会った時 早速動く 軽さに脱帽」

  「今日もまた 木になるカバンを 提げ歩く カルチャーショック 与えるために」

[ この記事をシェアする ]