shin-1さんの日記

○ルッチ大学人間牧場訪問

 「朝五時過ぎに貸切バスで滋賀県を出ました。それから走り通しで午後2時半にふたみシーサイド公園に着きました」というルッチ大学の一行が、昨日わが人間牧場にやって来ました。「ルッチ大学ってどこの大学?」って言われそうですが、滋賀県米原市と合併した旧山東町生涯学習講座のメンバーなのです。山東町といえばほたるの世界では知らない人のいないくらい有名な場所で、生息しているほたるが国の天然記念物に指定されている所なのです。遅まきながらわが双海町もほたるの保護活動を20年以上にわたって続けていますし、その成果は環境庁のふるさと生きものの里に選定されているのですが、山東町と比較するとフンドシ担ぎといったところでしょう。山東町が音頭を取る形で始まったほたる保護活動のネットワークに双海町も参加していますが、その持ち回り全国集会が双海町で行われたこともあって関係者と深い人間関係をつくっているのです。

 そんなご縁もあって私は山東町のルッチ大学に講師として招かれました。その話が面白かったのか、ルッチ大学の修学旅行の場所に選ばれ、1期制も2期生もわが町へ修学旅行にやって来ました。今回やって来たのは3期生の皆さんで、「瀬戸内にしずむ日本一美しい夕日を見よう」とやって来たのです。三期生ご一行を迎えるに当たって私はどういう場所へ案内したらいいかコースを考えましたが、連れて行きたい翠小学校はあいにく土曜日で休みなので、シーサイド公園の見学~人間牧場訪問~私設公民館煙会所・海の資料館海舟館~夕日見学というコースにしました。コースを回りながら双海町のまちづくりについて私がノウハウをガイドするという算段なのです。

 昨日は台風9号お余波ながら天候もまずまずで、残暑厳しく汗をかくような30度を越える真夏日でしたが皆さん元気で熱心に研修を終え、宿泊先である松山のホテルへ帰って行きました。

 今回の研修では、前2回と違って人間牧場をコースに組み入れました。25人乗りの中型バスで来るというので、果たして人間牧場までの狭い道をバスが通れるだろうか気を揉んでいました。これまで20人乗りのマイクロバスは乗り入れたことがあるのですが、バスの車種が分らぬまま私もバスに乗せてもらい案内しました。国道から左折して内子・双海線の県道を通り、途中から今は市道と呼ばれる山道を恐る恐るの運転です。でも運転手さんの確かな技術で何とか人間牧場入り口まで乗り入れることができてホッとしました。一行は農道を歩いて牧場へ来ましたが、暑い時期のことなので蚊に刺されたり急な坂道を歩かされたりしながらの視察は、決していい視察ではなかったのではないかと思われ、少しばかり反省しました。

 それでも皆さん一応に初秋の心地よい風が流れる人間牧場のロケーションや私の生き方に感心されている様子でした。

 この日わが家では娘と孫二人が久しぶりに訪ねて来ており、加えて娘の所用のため孫の面倒を見なければならず、あいにく小さなコブつきと相成ってしまいましたが、人なつっこい4歳の孫朋樹は臆することもなくすっかりルッチ大学の皆さんの輪の中に溶け込んでの同行となったのです。

 海の資料館海舟館や私設公民館煙会所の視察を終え午後5時半に再びシーサイド公園に帰ってじゃこ天をほおばりながらの夕日見学は、あいにく私の所用で同行できませんでしたが、さて心に残る夕日に出会えたかどうか心配しています。

 私は今期のルッチ大学にも講師として招かれており、11月には皆さんと米原市で再会する予定になっています。またの出会いを楽しみに・・・・・・。

  「どこの人?ルッチ大学 女学生? 聞いた人々 首をかしげる?」

  「交流の 糸を手繰れば ホタルかな 出会いは深く 修学旅行に」

  「中型の バスが乗り入れ 地元人 お目々パチクリ 驚き隠せず」

  「秋近し 瀬戸の島々 くっきりと 海に浮かんで 近江迎える」


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。