shin-1さんの日記

○この一週間腰の痛みに悩まされました

 若い若いと自分では思っているのに、気力と体力のバランスが崩れ、近頃どことなく身体のあちこちに不具合が生じて、「ああ私も歳だなあ」なんて感じるようになりました。それでも対人関係を大切にする仕事柄、そんな弱音を見せまいと突っ張って生きているものですからついつい疲労が蓄積し、今回の腰の痛みのように長く尾を引くことがあるのです。

 そもそもの発端は家の周りの草刈りから始まりました。母親の7回忌を間近に控えているため、少しでも家の周りを綺麗にしようと、殊勝な考えを持ったのが間違いの始まりでした。先月の26日に暑い最中に草刈りを決行しました。家の周りといってもわが家の敷地は660坪もあり、その周りたるや草刈りだけでも半日はかかる作業なのです。夏の疲れがピークに達した上への草刈り疲労が追い討ちをかけ、明くる朝起きると腰が動かなくなってしまったのです。今までのようなぎっくり腰とは少し様子が違うので気にもせず病院にも行かず、そのうち治るだろうと思っていましたが、一向に回復せず今日を迎えています。背中や腰を丸めた姿は惨めで、外へ出るのがついついおっくうになります。しかし予定表に書き込んだスケジュールはこのところ午前・午後・夜とダブルどころかトリプルでギッシリ詰まり、休むに休めない状態なのです。会議は立っての講演や長時間椅子に座っての姿勢を強要されるため、腰の具合は一向に回復せず益々悪くなるような感じで、このまま立てなくなるのではと思うほどでした。

 その姿を横目でいている妻は見かねて、一昨日馴染みの整体院に電話予約を取り強制的に送り込まれました。そして追い討ちをかけるように昨日も受診をさせられました。良くしたもので専門家の治療は涙が出るほど痛かったのですが2日間で少し快方に向かって動き出しているようでホッと一息ついています。やはり最後は妻の世話にならなければならないのかと、その心根に感謝しながらもう一回受診しようと心に決めているのですが、今日も明日もギッシリで、受診のゆとりがないようです。

 馴染みの理髪店には悪いのですが、妻から「散髪するよりは身体の手入れが先」だと昨日言われました。私の髪のように短く刈ると1ヶ月に一回床屋へ行かなければなりません。ましてや人前に出る商売?なので身だしなみも大事なので、「そろそろ散髪」と言ったところ、妻からそのような言葉が返ってきたのです。妻は私の体を気遣って身体にいい食べ物を用意してくれたり気を使ってくれるのですが、当の本人がこれではどうしようもないのです。

 身体が資本だし、健康なくしていい人生はありません。毎年2~3度腰が悪くなる度に、もう少し身体に注意すればよかったと反省するのですが、後悔先に立たずです。整体院の先生から教えていただいた腰痛体操も元気な日々にはすっかり忘れてやりません。いい教訓を得たのですから、今後は暮しの日課に腰痛体操を組み込みたいと思いました。

 この一週間は私にとってブラックウイークと呼ぶに相応しいほど辛いものでした。毎朝隠居へ行って90歳になる親父の腰にサロンパスを貼る日課も、私が息子にサロンパスを張ってもらう日が近いかも知れないと思うとゾッとします。どうやらこの一週間は身体を考える、健康を考えるヘルスウイークになったようです。

  「腰だけで 口は饒舌 絶好調 冗談言いつつ 整体受ける」

  「腰抜けと よく言う言葉 俺のこと 腰痛体操 腰が砕けて」

  「不具合を 生じた腰に コルセット 自由利かない 身体ジレンマ」

  「夏疲れ 今頃出るは 歳のせい 若さ保とう 身体づくりで」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。