shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年4月26日

○追いかけられた夢の続き

 訳あって一線を画していた国立大洲青少年交流の家へ、まるで雪解け水のように昨年度は運営委員会や実行委員会を中心として頻繁に出かけました。人は逢えば逢うほど逢いたくなるもので、3月には大洲のとある飲み屋で海千山千の多勢を相手に無勢の私が他流試合を挑み、次は4月に人間牧場で再会を約して別れていました。ところが私の日程は4月になっても相変わらず空きが少なく、約束を気にしながら悶々の日々を過ごしていました。

 何日か前、偶然にもその担当者の夢を見たのです。夢の中で私は彼に追いかけられました。詳しいことは夢なので記憶が定かではないのですが、心の負い目というのは夢にまで出てくるのですから相当なストレスだったのでしょう。私は夢から覚めた3時過ぎに早速彼にメールを打ちました。「人間牧場へ約束した4月中なら26日か27日なら空いているがどうですか」と・・・・。早速彼から返信メールが入り今日4月26日の来訪となったのです。

 本日参加したのは交流の家の所長さん以下7人の職員、それに料理を担当した妻と私です。妻は午前中仕事、午後は特別養護老人ホームでの会合、それに民生委員会の会合が伊予市で予定されていて、料理を作る暇がなく、おでんをベースにした料理の下ごしらえは昨晩から寸暇を惜しんで作っていたようです。

 私は午前中の打ち合わせ会を早めに終えて昼食後人間牧場に向かい、掃除や囲炉裏の蓋を外して五徳を据えつけ炭で火熾しをしたり準備作業をしました。今日は春霞がかかっていて遠望は出来ませんでしたが、それでも綺麗な夕日が落ち、もう少し早く来れば自慢の夕日を見せれるのにと思いつつ再び妻と料理や飲み物を車に積んで人間牧場へ上がってゆきました。約束の午後7時きっかりに、二日前の事前下見で確認した道をしっかり覚えていた浅野さんの道案内でやって来ました。聞けば海岸国道378号を通って自慢の夕日はしっかり見ながら来たというのです。

 一通り施設を案内し西の空の明るさで眺望を楽しみながら懇親会をしました。飲むほどに酔うほどに話は盛り上がり2時間半があっという間に過ぎてゆきました。勿論私への鋭い質問もさることながら、同伴した妻を肴に内助の功について様々な質問が飛び交いました。

 私設公民館煙会所でもそうでしたが、わが家や人間牧場に来た殆どの人は、妻の献身的なお世話を不思議がります。大きなお世話と跳ね返すのですが、私も不思議なほど妻は来客を迎えるのに嫌な顔ひとつせず誠心誠意迎えてくれます。昨晩も私が床についてからおでんの具材を調理して今日に備えていましたし、酒の手配などもきっちりやって、それでいて親父の夕食をつくったり、民生委員会に出席したり、また午前中は仕事にまで出かけているのです。ただ今午後11時45分ですが、今日使った食器類を食器洗い機に3回転目でしょうがゴソゴソやっているようです。私は風呂に入りパソコンに向かって今日一日を思い出しながらブログを書いているというのにです。

 それにしても夢で浅野さんに追いかけられ、人間牧場まで夢の続きで追いかけられた今日の交流も楽しく意義あるものとなりました。気さくな所長さん、両課長さんはじめ職員の方々とまた会いたいものです。

  「俺褒めず 妻褒め話す 来客に 悪い気はせず 側耳立てり」

  「日が暮れて 五徳にかけた おでん食い 賑やか語る 今日も楽しや」

  「月明かり 照らす山道 一列に 並んで消える 訪ねし人々」

  「夢にみた 人に再び 追いかけの 話し弾んで 次はいつかと」

[ この記事をシェアする ]