shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年4月24日

○二人のお客様

 最近は一日おきに雨が降り、春特有の「春に三日の日和なし」といわれる諺を実感しています。昨日の朝やっと晴れたと思ったら今日は昼からまた雨です。今朝は妻が昨日買った夏野菜の苗を親父と一緒に植え付けました。私と親父は植える場所も方法もまったく違っているので主張を通し合って時々衝突をします。妻の言うように夏野菜は足しげく気楽に収穫できる自宅に出来るだけ近い場所に植えてくれるよう私に頼んで仕事に出かけたので、その通りしようとすると、親父は連作障害にならぬようにと別の場所への作付け主張します。また苗物は根がまだ十分成長していないから牛糞などの肥料分は活着してからでよいから、出来るだけやらないようにと主張するのですが聞き入れません。結局はその後の世話を主にする父の主張に合わせて穏便にするのですが、親父の頑固さは歳をとる毎年々気難しくなって行くようです。それでも折り合いがついて10時までには、ナス、ピーマン、オクラ、からし、カボチャなどの植え付けを完了しました。順調に育てばこれでまた夏は美味しくて安全な夏野菜が楽しめるのです。

 午後には二人のお客様を人間牧場へ案内する約束をしていましたので、10分前の午後2時20分に待ち合わせ場所の下灘コミュニティセンター駐車場へ出かけました。お二人ともさすが仕事人で10分前までにはきちんと約束場所にと到着していました。

 今日の出会いの事の発端は夢と一枚の名刺から始まりました。

 ・夢のお客様は国立大洲青少年の家の浅野さん

 数日前私は夢を見ました。国立青少年の家に勤める浅野さんに追いかけられた夢です。3月に急な思いつきで青少年の家の所長さん以下職員の方と大洲のとある飲み屋で懇親交流会をしました。その折次の飲み会は人間牧場の水平線の家でやろうと決めていたのです。ところが私の日程が中々空かず決まらないため悶々の日々でした。その心の負い目が追いかけられる夢に発展しようとは夢夢思っても見ませんでした。夢から覚めた午前4時、善は急げとばかりに早速打ち合わせのためのメールを打って来ていただいたのです。先生の目に人間牧場はどう映ったのか分りませんが、早速二日後に8人で7時から交流することを決めて帰りました。

(さすがお二人、まるでお見合いの席のようにお行儀がよいですね)
 ・一枚の名刺のお客様は普及センターの岡山さん

 昨日家のポストに一枚の名刺が入っていました。わが家を訪ねたのに留守だったため、名刺にショ-トコメントを書き込んで帰られたようです。岡山さんはかつて私が町づくりをしている時代に双海町を担当していた生活普及員さんです。知的な方でその指導力はグレードの高い方でした。回りまわって今度の仕事は双海町のグリーンツーリズムを担当するとのことでした。私は今日早速電話を入れました。その折人間牧場の話が話題になりました。一度伺いたいというものですから、有無を言わさず今日午後2時30分の約束をさせてしまいました。多分予定もあっただろうと電話を切ってから反省をしましたが、ツーリズムの今後のこともあるので人間牧場を珍しそうに見学し話し込んで帰りました。

 降って湧いたような私と二人との出会いと、お互い知らない二人の出会いは、新しい可能性を生み出すかも知れません。人は人によりて人となります。パワーを全面の押し出す二人から私は少し若さを貰ったような気がしました。

  「夢に出て 俺を追いかけ 回す人 心の負い目 ネガティブだよね」

  「一枚の 名刺ドキドキ ラブレター 早速電話 会いにおいでと」

  「降り出した 雨もまたよし 久方の 出会い嬉しき 山里の春」

  「まだ生きる 親父の気性 強いから ひょっとしたら 俺より長生き」

?

 

[ この記事をシェアする ]