shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年4月4日

○観光カリスマ百選になって

 もう5年も前の出来事です。当時の内閣府から何人かの人が訪ねてきて、私の観光関係の身元調査を始めました。観光といっても観光不毛といわれた双海町で何の調査を始めるのだろうと静観していましたが、やがて私の話を聞いたり私の案内で観光施設を回ったりして帰って行きました。その後色々な資料のやり取りがありましたが平成15年7月1日、「観光カリスマ百選選定委員会島田晴雄」」なる人から仰々しい認定証が送られてきました。何せ当時はあの奇人変人と言われた小泉純一郎さんが総理大臣で、観光立国なるスローガンを掲げていた時期であり、その目玉として観光カリスマ百選などの新しい戦術をアピールし、その頭脳集団の一員として知恵を伝習していた方が島田さんだったのです。それからです。私の身辺が少し騒がしくなってきました。私が選ばれたのは第3回の選定委員会ですからまだ50人にも満たない時期で、物珍しさも手伝ってあちらこちらから様々なアプローチがありました。私はその頃既に地域振興課長(別名夕焼け課長)から町の教育長に転身していましたので、教育委員会関係者は私の称号に目をパチクリしたものです。

 広辞苑によるとカリスマとは、超人間的・非日常的資質、英雄・予言者などにみられる。カリスマ的資質を持つものと、それに帰依するものとの統合を、マックス・ウェーバーはカリスマ的支配と呼び、指導者による支配類型の一つとした。とあるのです。最初広辞苑を読んで調べた時、これは大変な称号だと思い、辞退したのですが時既に遅しでした。観光カリスマに選ばれた全国の方々には有名な観光地を作られた方々が名前を連ねていられるのです。その後内閣府から観光を担当する国土交通省へ所管が変わりましたが、政府のホームページで流れるものですから観光カリスマが一人歩きして、今でもその称号の持つ凄さの前にたじろいているのです。

 観光カリスマが100人選ばれたところで日本観光協会が主催して東京高輪のプリンスホテルで観光カリスマシンポジウムが行われました。その時は100人の中から6人が選ばれ壇上に上がりました。群馬県草津の町長さんや山梨県清里の舩木さんなどそうそうたる顔ぶれです。何故か私も6人の末席を汚すことになりました。皆さんはそれぞれ参加者に自分や自分の成果をパンフレットなどを配って盛んにPRしていました。勿論スライドショーなど文明の利器も登場してそれは華やいだシンポでした。私はそんな余裕もお金もないのでアドリブで面白おかしく、最後にはハーモニカまで吹いてしまいました。これがまた受けたのです。当時を述懐して山梨県清里の舩木さんは「若松さんに後の5人が食われてしまった」というのですが、以後舩木さんは私の最も敬愛するカリスマとして深い親交へと発展しているのですから不思議なご縁です。

 私は自由人になった今も観光カリスマとして様々な場面で紹介され、その名に恥じぬよう人間牧場などを作って努力をしてきました。少なくとも観光カリスマに選ばれた平成15年の時点から比べるとはるかに進化を遂げていると自分でも納得しています。称号に胡坐をかいてその人の価値が高まるものではありません。私の観光カリスマの称号略称は「真似しない真似できない観光カリスマ」なのです。地域振興課長10年と教育長2年の合計12年間毎日、ふたみシーサイド公園で早朝3時間の清掃を続けてきた実績と自負は、「掃除は最高の観光である」ことを人々に伝える絶好のチャンスでした。

 5年という時の流れは、観光の分野にも大きな変化がありました。市町村合併によってふるさと意識は後退し、もてなしの心が揺らぎつつあります。一方では地域の人たちがグリーンツーリズムなる知恵を編み出し自立に向けた努力をしようとしています。

いつの時代も難しいと思えば難しいし、容易いと思えば容易いのですから、容易さのまちづくりでこれからも多くの人と交流したいものです。

  「観光の カリスマ呼ばれて 五年経つ 進化しつつも 新たな試み」

  「今日もまた 木になるカバンを 提げ歩く 夕日の町を 全国各地に」

  「観光は 国の光を 見るという 弘法大師の 教えそのまま」

  「あくまでも 謙虚であれと 身に諭す だけど冒険 忘れてならぬ」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 双海町商工会女性部事務局 梶野

    SECRET: 0
    PASS:
    先日は人間牧場を快く案内いただきありがとうございました。又、ブログの有機農法については、納得します。又、生き方についていろいろな生き方があるのですね。9月の研修楽しみです(=⌒▽⌒=)

コメントは停止中です。