shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年6月29日

○生協の総代会に出席

 自分で言うのも何ですが私も風変わりな男で、こともあろうにこの度生活協同組合、略して生協の有識理事に就任したのです。そもそもの発端は生協出入りの業者さんで作る会合に招かれ講演したのがきっかけでした。その折何を話したのか定かではありませんが昔から良く知ってる大川理事長さんの熱心なお誘いもあって、断る理由もなくお引き受けする事になりました。もとより安心と安全を第一義に考える生協がどんな方針なのか、どんな組織なのか勉強もせず分らぬままなので多少の不安があっても「まあいいか」って感じで今日の総代会に出席しました。

 県民文化会館の真珠の間で開かれた総会にはいずれ劣らぬ女性500人程が出席し凄い熱気を感じました。農協や婦人会といった女性組織が見る影もなく斜陽化しているのに生協は確実に会員の加入数を伸ばし、生き生きと輝いているように見えました。前理事長の立川さんが「若松さん生協の総代会は面白いよ」と前もって耳打ちしてもらいましたが、その言葉どおりそこら辺の月並みな総会など何処吹く風、まさに株主総会といったところでした。事業報告も決算報告も完璧でパソコンを使って楽しい、そしてためになるような進行でした。

 最も驚いたのは役員選任です。今治の選挙区の理事立候補者が定員一人に対し2名が立候補しているらしく、手続きに従って立候補演説や応援演説があるなど本格的でした。結果は2票の僅差で当落が決まると言うハラハラドキドキの結果でした。議決は野鳥の会が野鳥を確認するように男性職員が幾つかのブロックに分けて賛否の掲げた札を数えてゆき、最後に発表して承認を受けるのです。それらの過程で前もって意見のある人は本部に意見を届け公表した意見の中から選ばれた8人が意見を述べるのです。実に理にかなった運営でした。結果的にはどの議案も承認されましたが、反対に票を投じる当たり前の主張をする人もいてハラハラドキドキの3時間でした。

 最後の議案である役員の選任では前もって理事会の承認を得ている私のような有識理事は何のおとがめもなく選任されて小さな一歩を踏み出したのです。

 さて「私の仕事は」と尋ねられたらまだはっきりとは分りませんが、毎理事会に出席して意見を述べたり、早速幹部会で講演をして欲しい旨のご依頼がありました。任期は二年だそうでまあぼちぼち慣れて役に立とうと思っています。それにしても今日のショックはいい経験になりました。共同購入、店舗、福祉など多方面で活躍している生協を束ねてゆく理事長さんの苦労を垣間見た一日でした。

  「また一つ 新しき知恵 授かりぬ 生協運動 本格勉強」

  「顔見知り あちらこちらで 手を振りて 何で来てるの 言うよな驚き」

  「失礼な 話だけれど 女性たち 何でこんなに 元気なのかな」

  「味見会 見ているだけで 腹いっぱい 食うわ飲むわで あれじゃ増量」  


[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. ちまり

    SECRET: 0
    PASS:
    幹部会、お話聞けないのがザンネン。
    2月の家庭教育学級でのご講演、お引き受けくださり\(^o^)/ありがとうございます。
    美味しいお話は、しばしの間「お預け」ということで§^。^§
    お忙しい日々、お体ご自愛ください。

コメントは停止中です。