shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年6月21日

○岡山倉敷への旅

 前日の午前0時過ぎに出張先の高知県四万十市西土佐から帰って軽い食事を取り、軽い眠りの早朝5時妻と二人で夜明けの伊予路を高速道路にのってただひたすら岡山県倉敷を目指して突っ走りました。倉敷での講演依頼があったものですから、不謹慎ながら妻に休暇を取らせ同行する事になったのです。自由人になった昨年からこれまでに島根県隠岐の島、鳥取県倉吉市などへの旅はまさに一石二鳥で同行二人の二人旅を楽しんでいます。今回も妻に話したところ倉敷への憧れもあって同行しました。

 初夏の早朝はすがすがしく、普段車や列車で何気なく通っていた瀬戸大橋の景観は素晴らしく、途中休憩のために立ち寄った余島パーキングエリアは散閑としていましたが橋をバックに写真を一枚撮りました。

 眠い目をこすりながらの妻はそれでもハイポーズって感じです。これまでの35年間の夫婦暮らしでカメラなど妻に向けたことは殆どありませんでしたが、最近はまるでモデル撮影会のように写しまくっています。

 講演は午後2時からなので鷲羽山ハイランドに立ち寄り、カーナビの示すまま倉敷の美観地区を訪ねました。早朝なので人通りもまばらで爽やかな空気を吸いながら清掃の行き届いた街中を散策しました。

 柳の新緑も随分濃くなって水面に映える姿は何とも風情があるものです。妻をモデルにハイ一枚です。ホテルの地下にあるレストランで朝食を食べましたが、これがまた美味で妻は「このところ随分いい食事に出会う」とご満悦でした。

 さて朝飯も食べたし何処へ行こうか当てもなしといったところで、吉備津神社をカーナビでセットすると案外近いので狭い参詣道路を走りその壮大な規模に二度三度びっくりし見学しました。あいにく本殿は解体修理の真っ最中で見れませんでしたが、本殿へ続く長い屋根付き参詣道は威風堂々の構えをしていました。

看板にアジサイ園があることを見つけ訪ねてみました。

 長い石段の両側にきれいなアジサイが今を盛りと咲き誇っていました。残念ながら花つきは今一でしたが、散水の水に濡れたアジサイは妻と同じくらいまぶしく感じられました。

 すぐ下の池のほとりには菖蒲の花がこれまた美しく思わずパチリです。

 今年は八十八ヵ所参りも再会し桜や石楠花や藤の花の美しさを堪能したばかりなので、花の季節を意識しない旅ながらこうして花の満開にめぐり合うのも嬉しい出来事です。

郊外の厚生年金センターが講演会場なのでそろそろと思いきや、見慣れた国分寺の五重塔が目に入り、風土記の丘周辺を散策する幸運にも恵まれました。

 僅か一日のついでの旅はここで終わり、いよいよ仕事の講演です。先方主催者の都合でプログラムが変更され、1時間も待たされるハプニングに少し緊張の糸が切れ掛かりましたが、それでも存分に活躍し、再び同じ道を引き返し、帰りは川内のインターチェンジで降りてていれぎの湯で一風呂浴び、良い旅は終わりました。目出度し目出度しです。

  「風薫る 吉備路をふたり 巡り来て 束の間の旅 花が出迎え」

  「カメラなど 向ける暇など なかったな 写真に写る 妻はまあまあ」

  「二人旅 始めてからは 妻少し 痩せよう努力 成果表れ」

  「岡山は 晴れの国だけ あるわいな 梅雨の盛りに こんなに晴れて」 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 和田修三

    SECRET: 0
    PASS:
    ウラマヤシイ限りです。前夜のお疲れの後に、奥様の同行で安心しました。モデルの奥様まだまだお若いですね!

コメントは停止中です。