shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年6月7日

○椎葉村へのルートを調べる

 今夕から宮崎県の山奥深い椎葉村へ出発します。週末の逆手塾準備のこともありどうしても金曜日の朝までには帰宅しなければならないので車で行く事にしました。椎葉村へは過去の2度ばかりお邪魔しましたが、何せ遠いことと道が狭いことの印象が強く、公共交通機関利用だと完全に2泊3日の旅となるのです。そこで妻が愛用している九州全土の地図を広げ思案しました。妻は息子が鹿児島の大学へ遊学中に自分で車を運転して度々鹿児島へ行っているので九州南部については詳しいようです。普通だと八幡浜から臼杵にフェリーで渡り、日向か延岡まで国道10号線を南下して山道に入るのですが、地図を広げて色々なルートを探ってみました。

今回の宮崎行きにあたってはグリーンツーリズム協議会の招きなので宮崎県地域農業推進課の担当者から様々な情報を入れてもらいました。日向市や延岡市から入るルートは度重なる台風被害によるものなのでしょうか、工事のための時間規制があって中々上手く行けそうにもありません。

 そこで考えたのが三崎町から佐賀関にフェリーで渡り竹田市を経由して裏側から椎葉村に入るという案です。海の上に国道が走るこのルートだとフェリーの時間が一時間余り短縮できますし、このルートは途中まで走ったことがあるような気がするからです。今日は7時30分まで大学の講義日なのでそれからの出発になる関係で時刻表を調べ10時30分発のフェリーに乗るべく予約の電話を入れました。ところが今の時期は一隻が定期検査のドック入りとかでこの時間は運行されておらず、結局は11時30分の予約となりました。出だしからつまづいた感じですが、帰りの便も予約をして準備が整いました。

 宮崎県椎葉村は日本三大秘境にも数えられる平家の落人伝説の地です。今だから車で簡単に行けますが昔は隠れ里ゆえに様々な歴史と文化の残る素晴らしい所です。

 かつてわが家にも逗留したことのある旧友河口吉弘さんの顔を思い出し、役場に電話を入れました。電話に出た方から「河口さんは今春退職されました」とのことで、電話番号を聞いて夜電話を入れてみました。嬉しいいことに電話に出て、昔の話に花を咲かせました。まだ定年には2年もあるのに辞められたとのこと、宮崎を代表する方のお一人なので惜しい気もしますが、まあ人生色々だからと椎葉村での再会を約束しました。

 旅馴れている私は年中旅をします。故に事前にこんな準備をしたことは殆どありません。今回ばかりは車での旅ということもあって、妻の心配は尽きません。しかも深夜の走行は体にこたえると反対しましたが、言うことを聞かない私ゆえ結局は妻が折れてしまいました。まあ「狭い日本そんなに急いで何処へ行く」てな感じで今回も旅を楽しみましょうか。

  「二度三度 訪ねし椎葉 久しぶり 思い巡らす 地図上の旅」

  「あの人は 元気でいるやら 浮かぶ顔 歳もとらずに 昔のままで」

  「今頃は デジカメ友の 一人旅 俺も随分 変わったものよ」

  「いい所に 行けてあなたが 羨まし 妻に反論 俺は仕事だ」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への2件のフィードバック

  1. 美川の藤本です

    SECRET: 0
    PASS:
     平家の落人の村を本にまとめている人がいるんですね。美川の隣町の錦町や美和町にも平家の落人が作った村があります。田植えや稲刈り時の踊りに昔の栄華の名残が感じられますね。素性を知られたくなかったのでしょうか、深く みの で顔を隠していたりします。“平家の誇り”や 結束を守りたかったのですね。今はこの文化の継承を守るのも難しくなってるんですね。
     椎葉村の様子、ぜひ若松さんの日記で拝見したいものです。

  2. 和田修三

    SECRET: 0
    PASS:
    キーを付けて、中年暴走族さん九州路を疾走してください。

コメントは停止中です。