shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年6月6日

○蚊帳の装着実験

 畳20畳敷きもある超大型の蚊帳を寒冷遮を使って製作しようと試みて早くも3日間が過ぎました。多くの人の協力や手伝いもあって完成しその装着実験を行いました。水平線の家の脱煙装置を見てオーム真理教のサティアンではと勘ぐった人には、何教かは忘れましたがウエーブとかいう宗教団体が何やら白い布で施設を覆った再来かと言うに違いないと思いながらも、今週末の逆手塾に間に合わせようと夜を徹して造った労作にして大作の蚊帳なので、失敗は許されないのです。

外にしつらえたステンレスの骨組みにすっぽり被せて見ましたが、中々の出来栄えです。結果的には横幕を裁断もせずに縫い合わせていったので奥行きがほんの僅か足らなくなりました。その様子を中から見ればご覧の通り立派な出来栄えです。

 今日は孫と二人で朝から人間牧場へ出かけ、足らなくなった横幕に、昨日買ってきた寒冷遮を接ぎ足す作業をしました。家からミシンを運び、生地を裁断してかがりながら縫い合わせてゆくんです。孫は「おじいちゃん手伝ってあげる」と、頼みもしないのに様々な作業に首を突っ込み、すっかり足手まといとなってしまいました。「おしっこ」、「ウンコ」、「お菓子」、「ジュース」と親がいないことをいい事に私にねだって、結局はその都度作業が中断するのです。仕事が終わった頃関西汽船の浜田さんから一報が入り迎えて今日の作業は何とか終了しました。完成してからの装着実験はしていないのですが、多分バッチリではないかと思います。この大きな蚊帳、ステンレスの骨組みも含めるとかなり高いものになりましたが、それでも息子と二人で様々な試行錯誤を繰り返した結果出来上がったので喜びも一入です。

 中学校の家庭科で触りはしましたが、この歳になってミシンの使い方も始めて妻の手ほどきを受けましたし、久しぶりに漁師をしていた頃の網仕立てに似た作業をやりました。

 蚊や虫が来るのは自然が豊かだからと思っていましたし、今もその考えに変わりはありませんが、水平線の家の快適さを追求するにはやはり虫を寄せ付けない防備が必要なのです。一番虫の嫌いなのは孫で、先日地元の人を招待した時などは眠気をもよおしていたこともあって、虫が来る度にワアワアわめきたてるように泣きました。これで孫も少しは落ち着いてくれるものと、ミシンで縫いながら虫の話をしてやりました。

  孫の手を 借りて二人で 蚊帳を縫う 足手まといで 先へ進まず」

  「ミシンなど 見たこともない 孫の目が 縫い目追いつつ 眠気催す」

  「懐かしき 蚊帳をつりたる 思い出に 浸る私は 時代が古い」

  「ふと鏡 見ればすっかり 日焼けして 百姓顔に なってきました」

[ この記事をシェアする ]