shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年6月2日

○梅の収穫

 人間牧場に隣接する梅畑は先月購入した土地ですが、将来のことを考えると管理する人の当てもなく、妻には不評をかってしまいましたが、将来よりも今から10年間を楽しもうと、反対を押し切って決断しました。梅の木が10本もあるので春の梅の花、夏の梅の実を楽しむべく既に草刈は2回行いました。購入前から地主さんの了解を得て花は存分に楽しませて貰いましたが、来年からは私が自由に花を楽しめるのです。さてその梅畑の梅の木に梅が沢山実を付けました。昨日お百姓の友人に聞いたところもう梅の実は取入れをするように勧められてので、今日は午前中の会議を終え、しゅざい対応もあったので午後から収穫作業に出掛けました。今日はツリーハウスの足場の撤去作業のため日浅棟梁が人間牧場に来ていたので、その手伝いが一時間ほどかかり、急いでの収穫作業となりました。ご承知のように梅の木は刺が多く、しかも剪定もしていないとあって作業服やズボンは刺に引っかかって悪戦苦闘の連続でした。

 一番多くの実をつけている梅の木は、加賀白梅のような美しい肌をした青梅で何と一本で20キロ入りのキャリーに山ほど収穫しました。そのほかの木は品種が違うのか小梅系や中梅系ですが収量は少なく全体で20キロほど収穫しました。木にはまだ5キロ程度は残っているようですが、昨日顔に怪我をしたため妻からくれぐれも5時には帰宅するようきつく言われていたのですが、今日は妻の仕事が遅くなる金曜日なので、6時半まで作業をして帰宅しました。それにしてもこの収穫収量は40キロを超える大豊作で、久しぶりにウキウキしながら帰宅しました。

 夕方帰宅した妻は梅の量に驚いた様子で、私は得意げに土地購入の効果を強調してやりました。「この梅だと消毒もせずに安全で、しかも1キロ500円としても40キロで2万円の儲けだ」と・・・・。

 さてこの梅を使って梅干と梅酒、それに大河内さんがブログに書いていた梅ジュースを造りたいのですが、やはりその作り手は忙しいはずの妻の役割のようです。ホワイトリカーや氷砂糖、それに漬け込む容器など出費がかさむことも忘れていました。でも酒が飲めなくなった私対応として梅ジュースは是非とも作ってみたい商品です。

 梅取りに夢中になって忘れていましたが、今晩風呂に入ると体中に刺の後が少し赤くなっていました。先日傷ついた第二農場開拓の時の野ばらの刺跡がやっと直ったと思ったら今度は梅の刺です。昨日の顔の傷といい、百姓仕事も馴れない私には少々きついようです。

  「手に入れた 梅の畑に 実がなって 今日は収穫 四十キロ越え」

  「梅の刺 俺の行く手を 阻むよに チクリ肌刺す それでも登り」

  「この梅で 梅干梅の ジュースにと 思いは巡るが 誰がするのか」

  「五時までに 帰宅の約束 子どもでは 無いぞと反論 妻に旗色」

 

[ この記事をシェアする ]