shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年12月23日

○今年も多くの異文化ギャップを体験しました

今年1月8日に講演に出かけてから一昨日の12月21日まで、ほぼコンスタントに一ヶ月10回の割合で出かけた講演もやっと無事終わることができ、昨日から長い冬休みに入りました。リタイアして5年、自由人とはいいもので、自分で休みが取れるのですからこの上ない幸せです。昨日の夜は妻と二人で始めた貯金箱を開け、ささやかで小銭ながらわが家のボーナス日になって、妻もホクホク顔のようでした。

 今年も沖縄へこそ行かなかったものの県内は勿論、北海道から九州まで多くのまちやむら、団体やグループから沢山のオファーをいただき訪ねることができました。卓上カレンダーのメモを見ながら訪ねたまちやむら、出会った人々の顔を思い出していますが、今年一番の思い出は何といっても2月にオホーツク海で流氷に出会ったことです。そのことを自慢したくて流氷の上に立った写真をハガキにプリントして、100枚も出したのですから余程嬉しかったようです。マイナス15度の世界も合わせて体感しましたが、9月には再び北海道を訪れ多くの人と再開することができました。

若松進一ブログ
(オホーツク海流氷の上に立った私)

 また一昨日には高知刑務所へ話しに行くという、これまた今まで経験したことのない場所での講演が実現し、知らない世界を垣間見ることができました。高く張り巡らされた塀の中から見える視界は意外と狭く、ましてやそこで暮らす受刑者は一般社会と完全に隔絶されていて、罪を犯した者のみが知る孤独や不自由な暮らしを強いられているのです。高知刑務所は再犯の人を収容する刑務所だそうですが、無銭飲食も詐欺罪で金のない放漫な人間は寝ぐらとあご(食事)の確保できる刑務所は、むしろ路頭に迷うシャバよりはましという意識が働き、罪の意識もないまま再犯を繰り返すのだそうです。所長さんに案内されて刑務所の中を見せていただきましたが、「人間の生き方とは何ぞや」と異文化ギャップを感じさせられた貴重な体験でした。

若松進一ブログ

(高知刑務所での講演)

 今年10月末に釧路へ夕日シンポジウムに招かれて出かけました。世界三大夕日と豪語している街へ、日本一美しいと自認するわが町の夕日を引っ提げて殴り込みをかけましたが、夕日のをテーマにしたまちづくりを長年やってきた私にとって、ここにきて久しぶりに壮大な夕日への挑戦を始めようと眠りかけていた記憶を蘇らせたギャップでした。

 予定されていた夢の扉の取材も、美しい夕日の見えるころにしようと延期になっていますが、夕日に関する私の潜在能力はまだまだこんなものではありません。鍵のかかったままの夢の扉をしっかりと開く決意をして、来年以降につなげたいと思っています。

若松進一ブログ
(釧路丹頂空港から見えた夕日)

 かくして今年も100回余りの講演は無事終わりました。かつて青年の船で訪ねたアメリカで、世界地図の真ん中に日本のない世界地図を見て驚いた異文化ギャップほどではないにしても、今年も多くの異文化ギャップを感じることができました。訪ねたまちやむら、出会った人々に感謝しながら、既に新しい年の卓上カレンダーには早くも講演依頼が舞い込んでいる歳の瀬の今日この頃です。


  「旅をして 異文化ギャップ 感じねば 成長進化 止まるぞお前」

  「わが旅は マグロのような 生き方だ 泳ぎ続けにゃ 呼吸が止まる」

  「来年と いう名の年が 近づいて 今年総括 新たな決意」

  「また一つ 加えるけれど 減ってゆく 足して二で割る 元の木阿弥」

 

[ この記事をシェアする ]