shin-1さんの日記

○八万円の収入でも七万円で暮らせば一万円の黒字になる

 私の友人には官公庁に勤めている人が多いのですが、最近は会えば何処となく元気がなく不機嫌言葉が返って来るのです。その第一はやはり毎月いただく給料が年々右肩下がりで、夫婦の人間関係もこれが原因と言わんばかりの雲行きです。確かにこの数年世の中の不景気を反映して給料は横ばいならぬ右肩下がりの数字を指名しているのですから、子育てやマイホーム、マイカーなど、将来の生活設計さえも不安になるのですから、晴々しい顔など出来ないのです。今月は年に二度ある冬のボーナス月でしたが、前年比6パーセント減という話しを聞けば、昔ボーナスを貰っていた私だって同情するのですが、ボーナスどころか職さえもない人のことを思えば、それは甘えのような気もするのです。

 そんな中、強権傲慢ぶりが目立ってきた民主党小沢幹事長がソウル大学で講演し、学生の質問に対し「ニートは子どもを甘やかせている親が悪い」と答え波紋を広げています。一利あると拍手をしている人もいますが、不景気で就職内定率が下がる一方の国内事情を知っている人は、与党の幹事長の失言に顔を曇らせ、「ニートにならざるを得ない世の中を変える政治ができないのはあなたでは」とか、「毎月千五百万円もお小遣いをママから貰っている鳩山総理は親の甘やかせの代表ではないの」と様々な意見が飛び交っているようです。

 ある人は「あなたがニートで家に引きこもっているから、あなたに回る予定の仕事が相手に回るのです。どうぞご自由にニートや引きこもりをお楽しみください」と、むしろ意表を突く発言をして注目されていますが、年の瀬を控えこの寒空に働く場所も見つからず喰うものとてない人もいるのですから、戯言では済まされないのです。


 経済はいたって簡単で入力と出力のバランスです。十万円入っても十一万円使えば一万円の赤字です。逆に八万円しか入らなくても出費を七万円で収めれば一万円の黒字となるのです。こんな単純な計算が出来ない人が沢山いて、借金で首が回らなくなったり自己破産宣告する人も中にはいるのです。

 昔の人は借金を極端に恐れました。金を借りる苦しみは借りた人でないと分りませんが、保証人を立てて証文を書き金を借りるものの返せず、夜逃げをする話は落語の一節にも出てきます。今の世の中は殺菌は当然という風潮が強く、無担保でも本人を証明するものがあれば簡単に多少のお金を借りれるようになっています。どうやら世の中には儲けてから使うタイプと、使ってから儲けるタイプの二種類の人間がいるようです。

 儲けてから使うタイプの私も若いころは家を建てるためローンを組みました。一年に一回の銀行から届く返済結果報告書と将来の返済計画書を見て元金は減らず利子だけがやたらと大きい数字を見ていつもため息をついたものです。その甲斐あってローン完済しました。借金で思いは成就しマイホームを手に入れたのですが、ローンから学んだのは「借金はするな」でした。

 年金暮らしになった今は私のささやかで単純な経済学である「入るるを知りて出るを考える」生き方を、妻と二人でささやかながら実行しています。セミリタイアだった私も、いよいよ本当のリタイアとなりつつあり、つつましやかな暮らしに少しずつギアチェンジしているこの頃です。ただし心豊かに楽しく生きることをモットーにしながら生きています。


  「入りてから 使えばいいと 肝命じ 使ったお陰 借金もなし」

  「有り難い 世の中ですね 国民の 全てがまるで 公務員です」

  「どケチだと いわれるような 暮しより 節約術で 賢く生きる」

  「給料が 減ったと嘆く 人多し 仕方ないこと 嘆かず生きろ」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. 和田
    Posted 2009年12月18日 at 8:45 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: これが、尊徳さんの分度なんですよね。本日の四万十は雪国です。さぶーー!            インフルぽい輩より