shin-1さんの日記

○薪割りは楽しい

 今日は午前中人間牧場へ薪割りに出かけました。今日はまずまずの天気で心配された寒気の影響もなく穏やかな天気に恵まれ、人間牧場からの遠望もすこぶる良くて、広島、山口の島々がまるで箱庭のように見え、周りの山の景色も晩秋から初冬へと変わる時期で、クヌギの葉っぱが鮮やかな紅葉を見せていました。この風景も北西の季節風が吹くともう見納めだと思うと名残惜しく、いつまでも見ていたいような気持なのですが、3日前に調達した薪用のクヌギの木を生木の間に割らねば割りにくくなるので、性根を据えてかかろうと思っていて、風景どころではないのです。

若松進一ブログ
(薪に割るまでのクヌギの木)

 

 親父にお願いしていたマサカリのくさびも打ちこんでいて準備万端整い、枕木を置いていざ始めました。伐採してからそれほど時間が経っていないので面白いように割れました。かまどに入れるには大き過ぎると入らないし、小さ過ぎると火持ちがしないので丁度よいほどに割らなければならないのです。その丁度が難しくて、何度もかまどに入れて計ってみたりして割り進みました。

 私が子どもの頃わが家では、かまども風呂も全て薪だったものですから、冬になるとお百姓さんから分けてもらった薪用のクヌギが車で自宅庭まで運ばれてくると、ウマと称する木でできた道具の上に乗せて鋸で小切りし、家族総出で一年分の薪を作ったものでした。この作業は主に冬の作業だったので寒い冬ながらこの作業が始まるとしっかり汗をかいたものです。漁に出たり畑仕事が忙しい父母は作業の手順を教えるだけで、薪割りや薪積みなどはもっぱら兄弟5人の子どもの仕事として位置づけられていました。

若松進一ブログ
(瀬戸内海をバックに格好いいところを見せようと自作自演し薪割りをしている私)

 遊びたいさなかの子ども心ゆえ、薪割りはしんどいばかりで余り嬉しい思い出はありませんが、それでもこの歳になってかまどを造り薪を必要とするようになると、人の手を借りることもなく薪割りができるのですから、芸ほどではないにしても、昔取った杵柄とはよく言ったものです。

 薪割りは油断をすると打ちこんだマサカリの力で薪がとんでもない方向に飛んでかなり危険なので、周りに人の気配を感じると止めなけれなりません。今日も薪の破片が足に飛んできて、涙が出るほどの傷みを覚えました。プロ野球選手がバッターボックスで自打球を足に当てて怪我をするのと同じだと思いつつ注意をして割りましたが、いくら注意しても飛んで来るものは飛んで来るので、仕方がないと諦めて我慢しながら作業を進めました。9時から始めて午後1時まで約4時間の作業で全ての薪を割りました。後は風に晒して乾燥させ年末までに収納する予定ですが、かまどの下の収納スペースへ二段に積み、残りはさてどうしようかと迷っているところです。

若松進一ブログ
(出来上がった割り木薪)

 「そうだ写真を撮ろう」と思いつき持参していたデジカメを取り出して自作自演の写真をタイマーで撮影しました。三脚を用意していなかったので石垣に割った薪を並べその上にカメラを置いてタイマーをセット、急いでマサカリを振り上げましたが、目線がカメラの方を向いていていい写真にはなりませんでしたが、まあ何とか雰囲気だけは表現できたようです。

 薪の確保も大体要領が分ってきたので、出来ればもうひと踏ん張りして宮栄公民館長さんとの約束も果たし、この冬に薪をもう少し確保しておきたいと思っています。仲間や友人から「薪を作るのであれば手伝うよ」と言ってくれる人も何人かいますが、草刈りと同じように案外口ばかり、うどん屋のはがまもいいとこなので余り当てにしないようにしています。人間牧場は「自分が自分の力で」をモットーにしているので、コツコツ楽しみながら働きたいと思っています。


  「子どもごろ 習い覚えた 薪割りで 師走半日 いい汗流す」

  「さあおいで 準備万端戸 整った 冬将軍の 寒さへっちゃら」

  「心地よい 薪割り音が 木霊する 忘れかけてた 少年の頃」

  「薪割りも 今では死語と なりにけり あなた説明 出来ますかしら」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。