shin-1さんの日記

○結婚式の引き出物

 警察官をしている息子が友だちの結婚式に出席するため帰ってきました。妻にしてみれば県内に勤務し県内に住んでいながら年に一、二度しか帰省しない息子なので、色々と話もしたいし美味しいものも食べさせたいと思っていたのでしょうが、結婚式が終わると友人たちに会いに出かけ、暇さえあれば日頃の疲労を癒すようにゴロンと横になって寝ているのです。妻にとってはこれが不満のようで、仕事の話や結婚話などちょっかいはかけるものの、相変わらず心がかみ合わないまま帰って行きました。

 息子は結婚式でいただいた引き出物も全て家に置いて帰りましたが、最近の引き出物はカタログ本の中から選んで同封の葉書を投函すれば早速ギフトの会社から商品が送られてくるのです。妻は虫眼鏡でカタログをめくりながら「お父さん何にする」と相談を持ちかけられましたが、考えも浮かばず「お前に任す」であっさり幕が引かれました。

若松進一ブログ
(送られてきた結婚式の引き出物の寝袋)

 数日後一個の宅配便が届きました。はてさて誰から?と思って開けてみると、中から寝袋が出てきました。妻はギフトを選ぶことができず、結局帰宅した長男に選んでもらったところ、「お父さんの人間牧場で使う寝袋にしたらどうか」と助言を受けての注文と相成ったようです。

 人間牧場の水平線の家には屋根裏部屋のような寝部屋があって、夏になると物好きな人たちがやってきては酔いつぶれて泊まるのです。殆どの人は寝部屋どころかそこら辺にゴロンとなって寝るのですが、夏のことゆえ毛布やタオルケットで間に合うのです。私も水平線の家のロフトに何度か泊まりましたが、やはり寝袋があると随分助かるのです。早速利用しようと思っていますが、まるでみの虫のように寝袋に体を入れて眠るのは、何となく冒険に出た少年のようでワクワクするのです。水平線の家には私専用の屋根裏部屋があって、息子が用意してくれた私専用の寝袋があり、これまでにも孫朋樹と昼寝を楽しんだことがあり、大きくなりつつある孫たちとこの寝袋を使いたいと思っています。


 結婚式の引き出物といえば、私はこれまで結婚披露宴の司会を537組やっていますが、その都度引き出物をいただき正直な話置き場所に困った経験を持っています。結婚する当事者からすれば記念に差し上げるものには相当気を使うのでしょうが、陶器類や鍋など沢山あり過ぎてもどうにもならないのです。○○家などと名前を書いていないものは、イベントのチャリティバザーに寄付をしたりしましたが、まだまだ家の倉庫にはそれらが捨てることもできず所狭しと占拠しているのです。

 私たちの年齢を考えればもうそんなものを日々の暮らしに使うことはないものと思われ、次男や三男が結婚する時に持たせようと妻は考えているようですが、息子たちも「そんなものは要らない」ということでしょう。

 高度成長時代の引き出物にはプラスチック類が多く、これも捨てるのには一定のルールがあって捨てきれません。そこへ行くとカタログで選ぶ引き出物は時代を反映した賢明な方法だと思うのです。私が先日出席した結婚式はむらおこしに一役買ったであろう地元の特産品でした。


  「引き出物 カタログ選ぶ 時代です 迷った挙句 寝袋届く」

  「倉庫には 使うことなき 引き出物 山と積まれて わがもの顔に」

  「引き出物 分厚カタログ めくりつつ どうせ安物 なんて失礼」

  「嬉しいな 寝袋届き 早速に 広げて中に 実験入る」

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。