shin-1さんの日記

○妻の料理は美味しゅうございます

 わが家の食事はどちらかというと日本食中心の献立です。ごはんにお味噌汁、魚や煮物、野菜が中心です。子どもが小さい頃は成長に必要な肉類が多かったのですが、10年前に私が胆のう摘出手術をしてから肉や天ぷらが余り食べられなくなったため、それに高齢な親父の口に合うものが自然と好まれるようになって、食事には必ず魚が一品はつくほど魚党になってしましたのです。それでも朝だけはリンゴとキャベツを組み合わせたリンキャベに黒酢と牛乳で済ませているし、昼も残りもののようなものを食べるので、まあ言ってみれば夕食が本格的な日本料理なのです。今日は大学の授業や松山工業高校の100周年記念事業の打ち合わせが長引いて夕方帰ると、妻が私のために色々な料理の真っ最中でした。


 新玉ねぎのスライスとほうれん草のおひたし、トマトスライス、カボチャの煮物、ハヤシライスのルー、それにしめサバの刺身なのです。どれも大好物なのですが、炊きたてのアツアツごはんにそれらをおかずにすれば、それはもうどんな高価な料理店の料理よりもおご馳走なのです。今晩は久しぶりにご飯のお代りをしてしまい、少し食べ過ぎた感じがするほど食べました。

 私の妻は若いころ私が役場で水産を担当していたことや、家が漁師の家だったこともあって、「おさかなママさん」という講習を受けて各地に指導に行くなど、魚食普及に取り組んでくれました。そのお陰で魚料理はかなり腕に自信があるのです。

 取り立てて高価な食材を使っているわけでもないのに、甘過ぎも辛過ぎもない丁度良い舌味は長年慣れ親しんだ味であり、何故か心がホッとするのです。体の栄養もさることながら料理の持つ独特の香りや心許して食べる食卓はやはり心の栄養とでも言うべき意味を持っているのでしょう。

 食事が終わって飲むお茶も美味しくてお代わりしました。最近は食後のコーヒーなどとコーヒーがもてはやされていますが、コーヒーの苦手な私は日本茶が大好物で、早くも香りのよい今年の一番茶が出回って心なごませてくれるのです。

 私たちが子どもの頃は「食事の遅い人間は出世しない」などと、ひたすら早く食べることを教わりましたが、今は食事を楽しむことを第一にするような豊かな時代となったのです。

 私は最近妻と二人の食事が多くなったために、リタイアしたこともあって食事はできるだけゆっくりとるよう心がけています。そうしないとお酒を飲まなくなったためあっという間に食事を終ってしまうのです。そして私のこころがけの大変変わった部分は、ニュージランドへ行ってホームステーをした折、ご主人が後片付けをしている姿を見てショックを受け、帰ってから自分の食べたものだけは流しへ持って行くことだけでもしようと心に誓って実行しているのです。今の若者からすれば、洗い物をするわけでもなくそんなこと自慢にならないと言われそうですが、厨房に入らない男子と言われる私にとってこれが精一杯の努力なので、妻も昔の私を知っているので、そのことは

大変有り難がっているのです。 まあ食事の後に「ああ美味しかった」と褒め言葉を言うこともすっかり馴れて、妻と私は良好な夫婦関係を保っているのです

  「美味かった たった一言 言うだけで 妻の腕前 随分上がる」

  「魚減り 肉が増えたと 白書いう 成人病の 多き納得」

  「食べたもの 片付けるしか 能のない 俺だが妻は 満足してる」

  「新茶入れ 夫婦四方山 話する 長閑わが家の 食後の会話」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. Posted 2009年5月22日 at 8:43 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 誉め上手は 夫婦円満の秘訣ですか? 我家では、言われても いっこうに 響きません(笑) 今日のサラリーマン川柳見て笑いました。 「妻よりも 家電の方がいい返事」