shin-1さんの日記

○自由奔放に生きているあなたが羨ましいと言われました

 「あんたが羨ましい」とよく仲間内から言われます。その理由はリアイアしてからもやることがあることと、目標を持って自分の願望を叶えているかららしいのです。確かに私は4年前の市町合併を機に、どこにも属さない自由人を選びながら、大学へ教えに行ったり講演に行ったり、はたまたボランティア活動を行ったりと、年中忙しく振舞っているのです。ある部分はボランティア活動ながらある部分では何がしかのお礼をいただき、首を吊ることもなく年金生活を謳歌しているのですから、これ以上の幸せはないのです。

 私の友人に木村さんがいます。先日も西予市宇和町明間でお会いしましたが、彼は自営の自動車整備工場の経営が不況のあおりで思わしくなく、仕事が終われば夜の12時近くまでタクシーに乗って家計や小遣いのカバーしているというのです。私はこの話を聞いて世の中の不況の深刻さに少し衝撃を受けました。自動車整備工場経営とタクシー運転とは妙な取り合わせですが、活きるためには背に腹変えれないと笑って話していました。そういえば私の町の土木会社に勤める若い人も、仕事が終わるとガソリンスタンドでアルバイトをしていると聞きました。子育てや家のローンをやりくりするためにはがむしゃらに働かなければならないのだといいます。会社が厚生年金も払ってくれない零細な会社では将来の不安が何時も付きまとっているのです。

 そこへ行くと公務員はいいと、不況になるといの一番に公務員への風当たりが強くなってきます。確かに親方日の丸で、ノルマのない仕事はまるでぬるま湯のように見えるのでしょう。私も公務員生活を35年間も経験していますから、ぬるま湯といわれる部分は確かにあると思っていますが、公務員は公務員なりに苦しいことがあることも代弁してあげなければなりません。

 しかし私たちが働いていた役場のような穏やかな時代はもう終わりました。これからの公務員はどうあらねばならないのか、しっかりと肝を据えてかからなければ市民の付託にはこたえられないのです。

 仲間から羨望のまなざしを持って見られるのは、自分が描いた生活設計に基づいて夢を勝ち得ていることだそうです。私は50歳代で人間牧場構想なるものを多くの仲間に話していました。ある仲間は「そんなことして何になる」とか、「そんなこと考えても出来る訳がない」と冷ややかでした。第一安月給の地方公務員にそれだけの資金が確保できるかどうか、誰が考えても無理な話なのです。でも私は10年間綿密な計画に基づいてその実現のために動きました。そして資金を確保して人間牧場を実現したのです。血のにじむようななんて苦労はしませんでしたが、それでも強い意志力だけは持ち続けてきました。

 もし私が人間牧場構想を実現していなかったら、「若松進一は大風呂敷の嘘つき」になっていたでしょうが、少なくても私の仲間は「若松進一も中々やるわい」と思ってくれたに違いないのです。

 もし私が人間牧場構想を実現していなかったら、私の21年刻みの人生の4クルー目は味気ないものになっていたに違いないのです。

 もし私が人間牧場構想を実現していなかったら、仕事仕事と仕事に追いまくられ、壊れかけていた家族の絆をここまで修復することはできなかっただろうと思うのです。

 もし私が人間牧場構想を実現していなかったら、私の理想とする社会への貢献やふるさとへのお返しはこうも充実していなかったと思います。

 もし私が人間牧場構想を実現していなかったら、私の情報発信能力はここまで高めることができたかどうか、心もとないのです。

 私はこれからも常に目標を掲げて進化して行きたいと思っていますが、最近気力と体力のバランスが崩れそうになることがあります。昨日も孫に風邪を移され、熱が38度まで上がり、豚インフルエンザの猛威のニュースもあってつい弱気になったりします。まあもう若くはないのですから、せめて体力だけは鍛えねばと思うこのごろです。


  「不景気で 昼の仕事に アルバイト 加えて生きる 仲間は凄い」

  「羨まし 私の仲間 みんな言う 仕事があって 楽しく生きれ」

  「公務員 しっかりせねば 目の敵 市民の付託 しっかり応え」

  「熱が出て 少し弱気の 俺を見て 妻は優しく 体温計る」

  

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

2 Comments

  1. Posted 2009年5月19日 at 6:14 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: >*松山の大学生が経営する 『K Y B a r 』 *さん
  2. Posted 2009年5月18日 at 4:49 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: はじめまして。 松山市で大学生が経営しているKYBarを応援している伊藤と申します。 私も、さまざまな人から「学生が頑張っても限界があるよ無理だよ」、と未だによく言われています。 ただ、やっとこのところ形になってきました。 始まって8か月。 やっと満足する形になりつつあります。 これからも一生懸命頑張ります!! すみません長々と、つい熱くなってしましました。 これからもブログ拝見させていただきます!!