shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年5月12日

○老い先短い人生笑って生きて行きましょう

 わが家は長年地元紙といわれる愛媛新聞を取っています。別に理由はないのですがまちづくりに深く関わった仕事をしていると、どうしても県内のニュースが欲しいのです。確かに中央紙に比べると国内外のニュースは乏しいのですが、それをカバーできる県内のニュースが盛り沢山で、特にわが町が紹介されている記事はおびただしいもので、私のスクラップ歴は倉庫にしまっているだけでも相当な数になっていて、そのうちプレミアがつくのではないかと思われるのです。

 わが家には毎朝午前6時ころに新聞が届きます。新聞受けならぬ郵便受けに新聞が入る奇妙さですが、この時間は朝一本と決めているブログの書き込みが佳境に入っている時間なのです。新聞がポストに入る音がすると一旦パソコンの前を離れて新聞を取りに行きます。そしてざっと新聞に目を通し、再びブログ画面に戻るのです。

 そのうち妻が台所から「ご飯ですよ」と呼びに来て、食卓に新聞を広げ読みながら食事をするのです。「ご飯を食べながら新聞を読むのは止めて 」ともう何十回も注意をされましたが、癖は直らず今では妻も諦めているようです。一週間に一度文芸欄に川柳が出ます。投稿者の中には知人友人もいて、その度に「どこの誰々」と注釈をつけながら妻に読んで聞かせるのですが、今朝も松山市中島町の古野セキヱさんの句を読んで聞かせてやりました。古野さんの今朝の句は「ちぐはぐな 漫才をする 老いふたり」でした。確かに置いた二人に話は犬も食わないものが多くまるで漫才のようかも知れません。歳をとるとともに話題も頭髪・足腰ひざ・耳・目・歯などの衰えや食べ物・年金・孫・近所のうわさ話など、狭い範囲の話題やニュースに集中するようです。それでもそれを話題にして句を作り投句するとは粋な年の取り方です。

 早速久しぶりに古野さんに電話をかけました。電話口に出た古野さんは元気そうでした。句の批評をまるで評論家のように話しました。彼女もご主人も喜寿が近いようでした。お互いいきなり電話しても阿吽の呼吸で話せるのですから素晴らしいことなのです。

 「私は他は不足はないのだけれど脛が痛くてね」というから、「あんたは脛が悪くても顔がいいから、そのことを川柳にしたらどう」と話しました。「そう思っていても自分では顔がいいなんて言えません」というので、「脛悪い 顔がいいねと 人が言う」てなのどうかと、即興川柳を披露してあげました。「相変わらず楽しいねあんたは」と話は大笑いで終わりました。

 人生は色々と島倉千代子が歌っています。苦虫噛んで生きるのも一生、笑って楽しく生きるのも一生ですから、せいぜい笑って生きて行きたいものです。


  「川柳を 読んで聞かせて 妻笑う 友は人生 楽しく生きて」

  「ああ俺も あやかりたいと 思いつつ 笑売啖呵 四首 作りぬ」

  「元気かい 元気ですよと 跳ね返る 電話の向こう 今日も晴天」

  「人は皆 何か悩みを 持って生き 笑い飛ばせば 悩み吹っ飛ぶ」 


shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 美咲

    SECRET: 0
    PASS:
    アメーバって、ちょっとでもエッチな写真だと削除されちゃうんだね…折角見てもらおうと思ってアップしたのに…http://mp3room1.suroot.com/koi/こっちにアップし直したから見て欲しいの!ずっとエッチな気分で濡れたまんまなの…だから早く連絡ほしいから写真の下にアドもあるから直で返事待ってるね♪

コメントは停止中です。