shin-1さんの日記

○初夏の味ソラマメが届きました

 季節は春から初夏へと知らぬ間に移り、後20日もすれば衣替えの季節になりました。今朝親父を病院に連れて行くため出かけた伊予市の田んぼでは、青かった麦畑の色が早くも黄色へと一変しているのに驚かされました。初夏といえばエンドウやソラマメなど豆類の美味しい季節となりましたが、母が亡くなってからは種をまくこともなく、もっぱらいただきものでその味を楽しんでいるのです。

 一昨日伊予市に住む水口まり子さんから宅配便が届きました。送り主の名前を見て中身が分かるくらいまり子さんとは懇意にしていただいていて、恐縮ながら「今年ももうそろそろ」と淡い期待をしていただけに嬉しい荷物の到着でした。中を開けてみると濃い緑色の皮をかぶったソラマメが段ボールいっぱいに入っていました。早速取り出して妻と二人でまり子さんの話をしながら皮を剥き中から出てきた綺麗な色のソラマメをボールに入れて行くのです。中には殻を破る際勢いあまって鉄砲のような音がしたりポーンとはじいて部屋の中を飛んだりしましたが、半分はその夜の食卓に上り、美味しい旬の味をいただきましたが、半分はさっと湯がいて冷凍保存することにしました。

若松進一ブログ

 水口さんは伊予市で稲苗を中心にした育苗施設を大々的に経営していて、田植えの始まったこの時期は猫の手も借りたいような忙しい日々を送っているのでしょうが、その忙しい合間を縫って私にまで気配りをしていただき感謝しているところです。今日は伊予市の病院へ親父を連れて行ったついでに足を延ばしてまり子さん宅まで出かけて行きました。丹波の黒豆をいただいたタッパーを返しに伺ったのですが、まり子さんはあいにく畑に出ていてお会いすることができませんでした。すっかり顔見知りとなった若奥さんにお礼を言って帰り際、「入れ違いで豆を送りました」と言われました。帰ってみると豆が段ボールにいっぱい送られていました。

 妻が仕事に出かけているので昼休みを利用してテレビを見ながらソラマメの皮を剥きました。沢山あるので近所におすそ分けして後は冷凍保存の準備をしているようでした。昨年もそうしましたが、ソラマメは冷凍保存しても美味しく頂けます。昨年は大学生が10月にフィールドワークの授業でわが家を訪ねた際学生たちに食べさせ大層喜ばれました。

若松進一ブログ

 季節の旬の送り物が届くと何となく満ち足りた気分になります。最近は時ならぬ冬の時期にスイカを食べ、夏にハウスみかんが出回ったりして、いつが旬なのか全く季節感がないのです。また冷凍技術も進んで枝豆などは年中緑の枝豆が料理に出てくるのです。確かに食生活の上では豊かで便利にはなったけれど、四季を感じることが少なくなったような気がしています。今日もソラマメの殻を破ると中から何とも言えないソラマメの匂いがして、これぞ初夏の匂いと思ったものです。

若松進一ブログ

 豆を食べると頭が良くなると今は亡き母親から教わりました。理由は頭という漢字には豆編が付いているからだと説明され納得したものです。そういえば豊という字もどこか豆に由来しているのかもと思いながら、豆のついた感じを思い出しました。えっ、何で鼓も豆編なんだろうと、要らぬ詮索をしながら全ての殻を取り除きました。

  「宅配で 友より届く ソラマメの 殻を破りて 部屋の中飛ぶ」

  「ソラマメの ほのか香りに 母思う 懐かしきかな いずこにおわす」

  「豆食べて 頭良くなる 子に育て そんな言葉を 思い出しつつ」

  「ソラマメを 剥きつつ初夏の 季節知り 軒のツバメの 賑やかなりし」  

この記事はカテゴリ ブログ に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。