shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年5月6日

○何気なく読む雑誌の中に自分を発見

 毎日のようにわが家の郵便受けに届く手紙や書類、ダイレクトメールなどを受け取る度に、私の知らない場所で私の名前と住所が書かれているのかと思うと、個人情報重視の時代に故に少々不安になったりします。しかし私のように名刺を配る人間として生きている者にとってはそれは宿命だと諦めていて、むしろ金銭関係のガードをしっかりしていれば、そんなにトラブルに巻き込まれることもないと割り切っているのです。

 昨日届いたメール便の雑誌を昼食を食べながら何気なくめくっていると、私の顔写真入りの記事があってびっくりしました。エヴァプレスという「街の香りをお届けする地域交流デザインマガジン」と書かれた無料配布の雑誌です。平井鳥取県知事や村井宮城県知事のリレー対談などの特集が組まれているため、その記事を読みながら地方の苦悩や元気を考えました。

 34ページに観光カリスマ100選という本の著書と著者が紹介されているコーナーが載っていました。著者は私もよく知っている前山梨県立大学教授市原実先生です。先生とは手紙をやり取りする間柄で昨年は愛媛県で開かれた地域づくり団体交流研修全国大会でわが町にもお越しいただきました。

若松進一ブログ

 観光カリスマの認定は小泉首相の時慶応義塾大学の島田晴雄教授を選考委員長に2002年12月にスタートして、その後全国から100人の人が選ばれました。おこがましくも私もその一人に選ばれていますが、その100人を取材紹介してこのほど出版されました。出版社からその本は送られてきましたし、仲間にもパンフレットなどを送って買い求めるよう市原先生の後方支援をさせていただきました。

 このページには3人の記事の写真が掲載されていましたが、岩手県奥州市綾野輝也さん、長崎建長崎市の林敏幸さんそれに私がしょうかいされているのです。虫眼鏡でないと確認できないほどですが、文章記事の末尾に「今回よりその中から勝手にご紹介させていただきといと思います」と注釈が載っていました。まあ私のこともインターネットで検索すると読むことも見ることもできないほどのかなりの数が載っているのですから、静観したいと思っています。

 昨晩遠くに住むある友人からパソコンにメールが入り、この雑誌を読んだと感想文が寄せられました。「私と同じような偶然見つけて嬉しくなった」と記されていました。私は早速返信をしましたが、こんなことで安否確認とはおかしな世の中になったものです。

若松進一ブログ
(写真の左から2枚目が初代のにっぽん丸で青年の船としてアメリカへ渡りました)


 息子が持ってきた商船三井客船にっぽん丸というパンフレットにも、めくると懐かしい写真が載っていました。あるぜんちな丸を改装して初代にっぽん丸となったその船で、私は青年の船班長として建国200年のアメリカへ行ったのです。もう30年以上も前の出来事ですが、当時の模様がありありと浮かんできました。

 雑誌や新聞、パンフレットを読みながら過ぎ越し人生の一コマにふれることができるのも、それだけ善き敬意見をしているからだと、改めて自分の64年間の人生を振り返った次第です。


  「えっ俺が 雑誌の記事に 虫眼鏡 観光記事載り わが目疑う」

  「そういえば 三十数年 前だった この船乗って アメリカ渡る」

  「思い出は 一瞬頭 蘇る だのに昨日は 思い出せない」

  「記憶する ことしか記録 されないと 記憶と記録 どっちだったか」

[ この記事をシェアする ]